全国対応見積もりの無料相談ダイヤル(平日10~20)

01201649170120-164-917

施工方法の比較

  • 2015.09.02
  • 外壁塗装コンシェルジュ

外壁にひびやサビといったサインが出ていたため、外壁塗装工事についての問い合わせをしたい。いろいろな業者の見積もりを比較してみたい。そんな風に思ったとき、施工方法や塗料の種類に関する基礎知識があると役立ちます。基本的なところを、おさえておきましょう。

塗装の基礎知識についてご説明していきます。

見積もりの前に、知っておきたい塗装の基礎知識

塗装の種類

一言で「塗装」と言っても、その種類はさまざまです。塗料の種類や施工方法によって費用も、その機能も異なりますので、以下基本的なものを紹介しておきたいと思います。

吹き付けタイル(中粒仕上げ)

練り物の紙粘土状の素材(タイル)を外壁に吹き付けることで、凹凸模様のパターンをつける施工方法です。その上から、色付けをして仕上げます。数センチごとに細長や丸の凹凸模様ができることが特徴で、押さえ仕上げと似ていますが、この模様が少し異なっています。劣化したときに上塗りをするだけで性能が回復するというメリットがありますが、上塗り材の耐久性は低くなってしまいます。

リシン塗装

リシンとは、アクリル顔料塗料の一つ。このリシンに砂状の骨材を混ぜ、外壁に吹き付ける施工方法です。砂の凹凸がつき、つや消しに仕上がるため、下地の不出来が見えにくくなるという長所があります。コストが安いため元々は新築によく使用されていましたが、耐久性の面では少し劣ると言えます。通気や透湿には優れているものの、防水力が劣ります。

スキン塗装

スキン塗装はセラミック塗装とも呼ばれ、小さな石の集合を吹き付ける施工方法です。小さな石の集合を吹き付ける際には、アクリル塗装を糊とします。細かい隙間が生じるため、外壁の通気性が良いという長所があり、耐久性も悪くありません。ただし、コスト面ではリシン塗装より高くなり、またスキン塗装にもいろいろな種類があるため、その種類によっても価格が異なります。

スタッコ塗装

元々はスタッコ(化粧漆喰)を用いた施工方法でしたが、近年ではセメントモルタルを使用するようになりました。セメントモルタルや合成樹脂を吹き付け、その後コテやローラーで抑える方法を、スタッコ塗装の押さえ仕上げと呼んでいます。リシン仕上げと吹き付けタイルの両方の特徴をあわせ持っています。

サイディング

サイディングと呼ばれる材料を、外壁に貼る工法。表面にスチールやアルミ、裏に断熱材の入ったものは金属系サイディングと呼ばれ、丈夫で腐食しにくく、低コストという長所があります。セメントや木材などの原料を高熱処理して作られるものは非金属系(窯業系)サイディングと呼ばれ、現在もっとも広く使われています。こちらは水性系塗料でも、油性系塗料でも自由に塗装ができるという長所がありますが、湿乾伸縮に弱く、防水加工が必要です。

かべぬりコンさん外壁塗装は誰に頼めばいいの…

「初めてだから塗装業者の比較がしにくい…」
「見積もりを取り寄せてみたけど適正価格か分からない…」

このような業者探しのお悩み・ご不安はありませんか?

塗装の専門知識を持つコンシェルジュ(塗装アドバイザー)が一人一人専属でつかせていただき、あなたのお困り事を解決します。

あなたの価値観に合う優良業者の紹介から、見積もり金額の適正診断も行っています。当サービスの利用は全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。※私たちについては、「外壁塗装コンシェルジュとは」ページをご確認ください。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)へ連絡いただくと、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「塗装の相談がしたい」とお伝えください。

ご利用は無料・24時間365日受付・どんなに小さい相談でも大丈夫です。