• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

家をリフォームするタイミングはいつ?新築・中古・マンションもまとめて解説

お家をリフォームする適切なタイミングを知っておくことで、傷みがひどくなる前にリフォームを進めることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

お家のリフォームは、適切なタイミングで行うことで、長い間快適に暮らせるようになりますが、リフォームのタイミングはすべてのお家で同じ時期というわけではありません。

新築の一戸建てと中古の一戸建て、新築のマンションと中古のマンション、そしてそれぞれの状態によって、リフォームの内容とタイミングが変わってきます。

ここでは、

  • リフォームをすべきタイミング
  • リフォームするうえで知っておきたい注意点
  • リフォーム業者さんの選び方

これらについてお話させていただければと思いますので、大切な住まいでの快適な暮らしを続けるためにも、私と一緒にリフォームについての情報を見ていきましょう。

家をリフォームするタイミングはいつ?

お家のリフォームをしたいと思ったり、ご近所さんがリフォームをしていると、

「そもそも、リフォームって家を建ててからどのくらいでするものなの?」

このように思うかもしれませんが、リフォームのタイミングは一軒一軒で違います。

あなたのお家をリフォームするタイミングを知るためにも、新築の一戸建てでリフォームをする時期を、部分ごとに分けて私と一緒に見ていきましょう。

外壁リフォームのタイミング

外壁は、お家を建ててから約10年ほどで塗装工事をするのが一般的ですが、外壁の種類が、板状の外壁材を張り付ける「サイディング」の場合は、外壁材を張り替えたり、重ねて張り付けたりといった工事になる場合もあります。

外壁は長い年月をかけて自然に劣化していくものなので、もしひび割れや剥がれなど、劣化が目に見えていない場合も、10年を目安に塗装をしておくことで、大切なお家での安心した暮らしを続けていくことができるんです。

屋根リフォームのタイミング

屋根約10年ごとの塗装工事葺き替え工事で強くキレイな状態を長く保つことができるので、外壁と同じタイミングでリフォームをすることが多いです。

屋根はお家の真上の部分にあたり、紫外線や雨などの影響を外壁よりも強く受けるので、普段は見えなくても実は劣化状況が酷くなっていることもあります。

雨漏りなどもなく特に生活に支障がなくても、10年を目安にメンテナンスをしておくことで、トラブルを未然に防ぐことができます。

外壁と屋根のリフォームは同じタイミングで行うといい?

外壁屋根リフォームを行う目安は約10年ごとですが、2つの工事を同時に行うと、以下のようなメリットがあります。

メリット1:足場代が節約できる

外壁・屋根どちらのリフォームも、職人さんが安全に効率よく作業するために、足場を設置する工事は必ず必要になりますが、足場は一般的なお家30坪の場合で約10~20万円ほど掛かるものです。

その為、外壁と屋根を別のタイミングでリフォームすると、どちらにも足場代が掛かってしまいますが、まとめてリフォームをお願いすることで、足場代を一回分の費用で済ませることができるんです。

リフォームをするタイミングリフォーム内容足場代足場代の合計
別のタイミング外壁リフォーム約10~20万円約20~40万円
屋根リフォーム約10~20万円
同じタイミング外壁・屋根リフォーム約10~20万円約10~20万円
メリット2:業者選びが1回で済む

外壁と屋根、どちらのリフォームの場合も、業者さん選ぶときは大きな手間時間が掛かってしまいます。

リフォーム業者さんを選ぶときは、複数社から見積もりをとる「相見積もり」が基本になるので、外壁と屋根を別々にリフォームするとなると、見積もりの比較に掛ける手間や時間が2倍になり、業者選びで疲れてしまいます。

一つのリフォーム業者さんに絞って外壁と屋根のリフォームをお願いすることで、今後お家のことで困ったときにすぐに相談ができる、あなたのお家担当のメンテナンス業者さんを見つけることにも繋がります。

メリット3:リフォームをまとめて済ませることができる

外壁と屋根のリフォームには2週間前後かかるのが一般的ですが、天気によっては2週間以上掛かってしまうこともあります。

工事期間中は、職人さんが何度もあなたのお家の敷地内に出入りをしたり、塗装中は使う塗料によっては独特の匂いがお家の周りに広がったりと、普段の暮らしとは違った落ち着かない環境になります。

特に足場はお家の周りを囲んで組まれたり、洗濯物を外に干せなくなったりもするので、ストレスになってしまうかもしれません。

外壁と屋根のリフォームは一度にまとめて行うことで、工事中のストレスも2倍にならずに済ませることができるんです。

内装リフォームのタイミング

お風呂リフォームのタイミング

あなたの生活の中でも、お風呂場は毎日使う空間だと思いますが、お家を建ててから約15~20年を目安にリフォームするのがオススメです。

お風呂は、お家の中でも一番水が使われるところですが、水や湿気はお家の劣化原因の中でも大きなものなんです。

お風呂の壁にひび割れが起きていたり、パッキン部分に隙間ができていたりすると、お風呂の水が壁の内部に浸透して腐食させてしまうこともあります。

不具合がなくとも、大きな工事が必要になる前に、約15~20年を目処に業者さんに点検やメンテナンスをお願いするのがオススメです。

トイレリフォームのタイミング

トイレは一日に何回も使う場所なので、自然と劣化も進んでしまうだけではなく、使えなくなるととても困りますよね。

トイレ自体は陶器で出来ていることがほとんどで、陶器はひび割れが起きない限り、50年100年と優れた耐久性を持っています。

しかし、リフォームの必要がないというわけではなく、トイレを構成する部品は、約10~20年程で劣化してしまうので、しっかりメンテナンスする必要があるんです。

今よりも機能性のあるトイレや、介護に向けてリフォームしたいという目的がなく、トイレに関して特に困っていない人こそ、劣化に気づかずそのままにしてしまうことが多いので、お家を建ててから10~20年経っている場合は、トイレのリフォームを検討してほしいです。

キッチンリフォームのタイミング

キッチンも、お風呂やトイレと同じようにを使う部分であったり、火や油を使う特殊な空間でもあります。

その為、シンクやコンロなど、キッチンの部分によって劣化してくる時期はさまざまですが、約10~20年の間にリフォームを考えるのがオススメです。

排水管などは目に見えないうちに劣化が進んでいて、ある日突然水が流れなくなったり、キッチンの床から水漏れが起きてしまうことも。

毎日の食卓が生まれるところなので、清潔でしっかり機能できるキッチンを保つためにも、部分的な不具合があれば、そのタイミングでキッチン全体のリフォームを行ってほしいです。

壁紙リフォームのタイミング

壁紙はクロスとも呼ばれ、傷み具合は環境によって変わりますが、お家を建ててから約10~15年でのリフォームがオススメ。

壁紙は湿気や乾燥によって膨張や収縮を繰り返すので、その動きが何年も続くうちに、自然と剥がれてきてしまう場合があります。

また、タバコを吸うご家族がいるお家であれば、タバコのヤニによって壁紙が黄ばんでしまったり、日差しが常に当たりやすい場所の壁紙は、日に焼けて変色してしまうことも。

壁紙はお部屋を取り囲むものであり、家具で隠れていても自然とお部屋の印象に入り込み、常にあなたの目に映る部分でもあるので、毎日気持ちよく生活するためにも、壁紙を傷んだまま放置せずにキレイな状態を保ちましょう。

フローリングリフォームのタイミング

お家の床がフローリングの場合は、お家を建ててから約10~15年でリフォームをすると、お部屋の美観を保つことができます。

フローリングは重いものをぶつけるとがついてしまったり、かと言ってカーペットを敷きっぱなしにしていると、カビが生えてしまうこともあります。

また、は人が立ったり家具を置いたりと、ものを支える部分でもあるので、フローリングは安定感を感じやすい暗めの色であることが多いですが、壁紙と同じように日焼けしてしまう場合もあるので、日焼けが目立ちやすくもなります。

視界に自然に入り込んでくる部分の一つでもあるので、定期的にリフォームをしてキレイなフローリングを保ちましょう。

畳リフォームのタイミング

フローリングと同じ床の部分でも、のリフォームは少し特殊になっています。

使い始めてから約3~4年であれば裏返しにすることで、今まで下に向いていたキレイな面を使うことができます。

畳は私たちが普段見慣れている表面部分の下にとなる板があり、使い始めてから約5~6年ほど経っているのであれば、芯以外の表面部分を新しいものに取り替える「表替え」というリフォームをすることが多いです。

使い始めて10年以上経てば、畳の芯の部分も劣化が進んでいる可能性が高く、畳すべてを新しいものに交換するのがオススメなので、畳の傷み具合によってリフォームの方法を検討するようにしましょう。

中古の一戸建ての場合

あなたのお家が中古の戸建て住宅であれば、前に住んでいた人が、いつどんなメンテナンスをしたのかを知っておくことが大切です。

補修工事などがされていることだけわかっても、補修されたのが10年前となると、そろそろ次のメンテナンス時期かもしれません。

前回工事した時期や内容がわからなかったり、現在お家に不具合や不安な点があれば、一度リフォーム業者さん点検してもらうのがオススメです。

現在の状態はリフォームの必要があるのかどうかを、専門的な視点で見てもらうことで、適切なタイミングでの工事をしてもらうことができます。

目安にとらわれすぎない

上記でお話させていただいた目安の年数よりも、早い段階劣化や不具合が見られる場合は、時期を待たずに早めにリフォーム業者さんに点検をしてもらうのがオススメです。

前回工事をした業者の施工不良も考えられるので、そのまま目安の年数を待っていると、劣化状況が酷くなってしまうことも。

また、あなたやご家族が「リフォームしたい!」と思ったタイミングも大切です。

リフォームがしたいと思うということは、今の暮らしにあまり満足していないということでもあるので、ご家族との快適な暮らしを叶えるためにも、リフォームをしたいと思った時に行ってほしいです。

マンションをリフォームするタイミングはいつ?

あなたが分譲マンションにお住まいの場合は、どんなタイミングでリフォームを行えばいいのでしょうか?

マンションでは、あなたの専有部分、つまり壁や床、天井に囲まれた居住部分であれば、基本的にリフォームできる場合が多いですが、リフォームを行う前に、あなたがお住まいのマンションの管理規約を確認してほしいです。

もし、マンションのリフォームができる場合、どんなタイミングでリフォームすべきなのか、新築マンションの場合と中古マンションの場合を、一緒に確認してみましょう。

新築マンションをリフォームするタイミング

新築マンションの場合、リフォームのタイミングは新築の一戸建てと同じように、以下のような目安で行うのがオススメです。

部屋タイミング(築年数)
お風呂約15~20年
トイレ約10~20年
キッチン
壁紙約10~15年
フローリング
裏返し約3~4年
表替え約5~6年
新調約10~15年
 

水回りは劣化が進むと傷みが目立つところでもあるので、とくにリフォームを考えてほしい部分ですが、あなたがお住まいのマンションの管理会社に、しっかり確認してから進めるようにしましょう。

 

中古マンションをリフォームするタイミング

あなたが中古マンションにお住まいの場合にリフォームをする時は、中古の戸建て住宅と同じように、あなたが入居するまでにお家がリフォームされたことがあるのかを知ることが大切。

マンションの管理会社に確認を取り、リフォームされてから数年であれば劣化対策が目的のリフォームをする必要はありませんが、雑に工事をされている場合は、数年でも劣化が出てきてしまうかもしれません。

中古マンションの築年数も一緒に考えながら、10年以上経っているのであれば、リフォームを検討するのがオススメです。

リフォームで気を付けたいこと

お家のリフォームをしたいと思っても、何も考えずにリフォームしてしまっては、失敗してしまう可能性が高いので、あなたに注意してほしいことを一緒に確認していければと思います。

注意点1:お家がどんな状態なのかを把握する

リフォーム内容を考えたり、リフォーム業者さんを選ぶ前に、まずはあなたのお家の現状を知ることが大切。

もちろん、リフォーム業者さんからも専門的な目でお家を見てもらってほしいですが、実際に暮らすあなたから見て、どこにどんな不具合を感じているのか、どんな暮らしにしたいのかなど、お家の状態をきちんと把握しておいてほしいです。

注意点2:できるリフォームは何なのかを知る

リフォームしたいと思っても、そのリフォームがあなたのお家で出来るものなのかを知ることが大切です。

お家の立地間取りによっては、元々できないリフォームの可能性があるので、できる範囲でのリフォームを考えておくことで、無駄に時間を割くこともありません。

とくにマンションの場合は、管理規約によってあなたの考えた間取りに変更できないこともあるため注意しましょう。

注意点3:本当に必要なリフォームを把握する

暮らしやすさ、快適さ、見た目のよさにこだわるリフォームだけでなく、お家そのものを守るために必要なリフォームもあります。

とくに外壁や屋根のリフォームは、常に外気にさらされているお家を、自然環境によるさまざまな劣化要因から守り続けるためにも、欠かせないリフォームです。

また、お風呂やトイレ、キッチンなどは、あなたやご家族が何かを使う空間でもあるので、使いやすさがお家に住むみんなに合っているかどうかという点も大切ですが、最新機能をなんとなく取り入れてみても、実際はそれほど使わなかったとなると、その機能に掛ける費用がもったいないですよね。

本当に必要なリフォームだけを行うためには、あなたやご家族がこれからどんな暮らしをしていきたいのかを、みんなでしっかり考えておくことが大事です。

注意点4:業者選びは慎重に行う

リフォームのタイミングになると、リフォームをお願いする業者さんを選ぶ必要が出てきますが、リフォーム業者さんは慎重に選んでほしいです。

実際に工事をするのはリフォーム業者さんなので、あなたがリフォーム内容をきちんと考えていても、業者さんに反映してもらえなかったり、逆に適切ではない費用や内容で工事をされてしまうかもしれません。

適正な工事をしてくれる、あなたにぴったりのリフォーム業者さんは、どのように選べばいいのか、一緒に確認していきましょう。

相見積もりをする

リフォーム業者を選ぶ時は、2~3社ほどで相見積もりをすることで、工事内容や費用を比較することができます。

比較対象があることで、不正な金額での見積もりに気が付くことができたり、あなたに合った提案をしてくれる業者さんを見つけることができるんです。

1社では比較をすることができず、多すぎても混乱してしまうので、私からは2~3社に見積もりをしてもらうのがオススメです。

わかりやすい見積書かどうか

リフォーム業者さんから見積書をもらったら、あなたにとって見やすいかどうかを確認してほしいです。

見積書は本来、工事をする長さや面積(数量)単価などが細かく分けて書かれていますが、親切ではない業者さんは、「〇〇工事一式 100,000円」のように、詳細が不透明になっている場合があります。

作業内容によっては細かく出せないものがありますが、優良業者さんは出来る限り明瞭な見積書を作ってくれたり、あなたと一緒に見積書を見ながら詳しく説明をしてくれます。

わからない部分はリフォーム業者さんにどんどん質問して、答えに根拠がなく納得できない場合は、ほかの業者さんの話も聞いてみるようにしましょう。

訪問販売は避ける

リフォーム業者の中には工事金額をだまし取る悪徳業者が潜んでおり、訪問販売で来る業者は、悪徳業者の可能性が高いです。

とくに、外壁や屋根は外から誰にでも見ることができるので、

「屋根が一部剥がれていますよ!」
「外壁が色あせてきていますね…。」

このように、あなたのお家に入り込む口実が作りやすく、危険をあおられると、ついつい契約してしまうんです。

訪問販売でリフォーム業者がやってきても、その業者だけで考える必要はないので、ほかの業者さんにもお家を見てもらい、あなたのペースで業者選びを進めてほしいです。

地域密着型の業者を選ぶ

あなたがリフォームしたい内容が、小さなものでも大掛かりなものでも、地域密着型の業者さんを選ぶのがオススメです。

大手ハウスメーカーであれば安心、というイメージがあるかもしれませんが、下請け業者を使って工事をするため、中間マージンという余分な仲介料を払わなければいけなくなります。

地域密着のリフォーム業者さんであれば、自社だけで営業や工事まで行ってくれるので、必要なところだけにお金を掛けることができて、工事後も何かあればすぐに来てくれます。

また、地域で長く営業しているリフォーム業者さんということは、地域の人に愛される優良業者の証でもあるので、お家のリフォームを成功させて快適な生活を送るためにも、あなたの住む町に根付いた業者さんに工事をお願いしましょう。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
リフォームのタイミングについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下のリフォームに関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、リフォームのタイミングに関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん適正なタイミングでリフォームがしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できるリフォームをお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

適正なタイミングでのリフォームができる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(24時間受付中)0120-164-917(24時間受付中)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「リフォームの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付