• 地元密着の優良店さんの募集

【屋根材】素材で違う劣化の症状と塗装時期を知ろう!

誠に申し訳ありません。台風の影響で多数のご相談を頂いているため、フォームからご相談を頂いた順にご対応させて頂いております。ご連絡が遅くなってしまう場合がございますが何卒ご了承ください。

  • 更新 | 2016.01.05 公開

屋根塗装をする場合、自分の家の屋根材にどんな特徴があるのか知っておくことが重要です。

塗装の訪問営業や塗装業者に言われたままを信じるのではなく、あなたの家を守る武器として、しっかりと屋根材のことを知ってから塗装に入りましょう。

以下の表で屋根材別の塗装時期の目安と、劣化で現れる症状を見ていきましょう。

屋根材ごとの塗装時期と特徴

屋根材塗装時期の目安特徴
スレート系(カラーベスト)7~8年一般的に使われている屋根材。劣化すると表面の割れ・反り・腐食・釘の浮きが起こる。年月が経つにつれて汚れやコケなどがひどくなるため、定期的な点検が必要。
セメント系瓦10~15年セメントと川砂を1体2~3の割合で混ぜたモルタルを型に入れて作った屋根材。環境的な要因で塗膜の劣化が起こると、素材のメンテナンス時期も早まってしまうため、定期的な点検が必須。
粘土系瓦20~30年寿命が長く、色落ちなどがない非常に優秀な和瓦。汚れがひどい場合は洗浄したり交換する必要がある。瓦自体ではなく、その下の漆喰が崩れていることが多いので、点検だけは定期的に行っておいた方がいいでしょう。
金属系(銅板)10~20年サビにくくコストも安いので人気の屋根材。銅は緑青(ろくしょう)が出て、緑色に変色すればそれ以降長期にわたって使用ができる。
金属系(ガルバリウム鋼板)20~30年アルミニウム・亜鉛・シリコンからなるメッキ銅板の屋根材。耐久・防火にも優れ、積雪寒冷地や海岸・強風地域でも使用が可能。素材自体は優秀だが、施工不良によってサビが発生することが多い。

屋根材ごとに現れる劣化の症状

屋根材劣化の症状
スレート系(カラーベスト)・色あせ
・屋根のズレ
・割れ
・サビ
セメント系瓦・色あせ、色落ち
・屋根のズレ
・割れ
粘土系瓦・コケ
・軒先や屋根面のたわみ
・ズレ、浮き
・割れ
金属系(銅板)・色あせ、色落ち
・サビ
・浮き
金属系(ガルバリウム鋼板)・色あせ、色落ち
・サビ
・浮き

屋根塗装が初めてで不安がある…

誰だって初めてのことには不安を覚えるものです。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、塗装をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁塗装工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付