• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

外壁塗装は無料で見積もりできる?失敗しない仕方と注意点

外壁塗装をする際、無料で見積もりを行えますが、無料だからこそ気を付けなければいけない事があります。失敗しない見積もりの仕方や注意事項について、私と一緒に見ていければと思います。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 伊藤(いとう)

あなたが初めての外壁塗装であれば、やっぱり気になるのはお金の事だと思いますが、実は外壁塗装の見積もりは無料で出来る事を知っていましたか?

お金のことは以下のように段階的に学んでいく必要があり、

  • 1. 塗装工事の相場
  • 2. 見積もりにはお金がかかるのか
  • 3. お支払い方法

その中でも今回は、見積もりについて詳しく書かせてもらっています。

無料で見積りができるとお伝えしましたが、無料だからこそ気をつけなければいけない事もあり、なぜ無料で見積りができるのかも理解頂くことで、あなたが安心・納得の工事ができるよう、私と一緒に必要な情報を見ていければと思います。

外壁塗装の見積もりは、なぜ無料で出来るの?

外壁塗装においては無料見積もりが一般的となっていますが、なぜ無料で見積もりができるのか知っていますか?

それは、どの塗装業者さんもお客様との接点が少なくて工事件数が少ないから。

大手メーカーなど資金があるところに関しては、お客様との繋がりが多くて困らないのですが、中小規模の塗装業者さんは代表自ら現場に出ていることが多いため、お客様と接点を作れる機会が少ないんです。

口コミなど常にお客様からお客様をご紹介してもらえる塗装業者さんはいますが、そんな業者さんは一握り…。

また、接点が無いからと、飛び込み営業で外壁塗装を売りに行っても、お客様に嫌がられるだけなので、どの塗装業者さんもお客様から外壁塗装業界に入ってきてもらいやすいよう、見積もり作業を無料で行っているんです。

「外壁塗装?初めてでどうしたらいいか分からない…。」という方が大半ですが、見積もりが無料となるだけで依頼しやすくなりますよね?

このような思いがあり、塗装業者さんたちは外壁塗装の見積もりを無料で行ってくれます。

無料だからといって何でもお願いしてはいけない?

現在、外壁塗装の見積もりは無料で出来る事が一般的に知られていますが、お客様側は無料だとしても、外壁塗装業者側からしたら、以下のようにお金がかかっています。

  • 移動費
  • 建物調査費
  • 見積書作成費

1件分のお家の見積書を作るのに、1~2万ほどの費用がかかっていることを、まずはあなたにご理解頂ければと思います。

このような状況なので、何度も見積もりを作り直してもらったり、条件を変えて何度も建物調査をしてもらったりすることは、なるべく控えておきたいところです。

このような事をお伝えしてしまうと、「実際はお金がかかっているのなら、色々してもらうのは気が引けるな…。」と思ってしまうかもしれませんが、優良店さんであればあるほど、あなたの要望や悩みに真摯に応えてくれて、金額を気にせずトコトン向き合ってくれます。

あなたと本気で向き合ってくれる、外壁塗装業者さん選びの指標の一つにもなるので、見積書の対応の一つ一つをしっかりと確認していきましょう。

一つ注意として、優良店だとしても無理な見積もりをお願いしてしまうと、対応を断られてしまう可能性もあるため、基本的に見積もりは無料ですが、一度どの範囲まで対応してもらえるのか聞いておくのがオススメです。

外壁塗装の見積もりが無料なのは業者のためでもある?

塗装業者さんは無料で見積もりをしてくれますが、あなたとの相性をしっかりと見ています。

お客様との出会いを楽しみにしている業者さんもいますので、見積もりを無料にすることは、業者にとってもメリットが大きいものになります。

    

一戸建ての外壁塗装が150万以上だった場合は高すぎ?

見積もりは無料ですが、実際に出された見積書の金額が150万以上の場合は気を付ける必要があります。

たとえば180万の金額を業者から出された場合「この金額くらいなのかな?」と思ってしまうかもしれませんが、一戸建てで150万円以上する場合は、相場よりも高いと事を知っておきましょう。

私たちのサービスには全国の優良加盟店さんが登録していますが、200件以上の一戸建ての外壁塗装を確認して、60~120万円が相場だというデータを持っています。

無料で外壁塗装の見積もりをした場合、事前の知識が無い事が多く、騙されてしまう方が多いのですが、一戸建ての外壁塗装は150万以上は高いと覚えておいてほしいです。

悪い塗装業者さんは、無料をアピールしてあなたのお家に入り込み、親切心を装って高い金額(または安すぎる金額)で見積もりを出してくることもあります。

外壁塗装の見積もりが無料だったら、どこからお金がかかるの?

外壁塗装の見積もりは無料で出来ます。

それでは一体どの段階で、あなたが実際にお金がかかるのでしょうか。

外壁塗装を安心して進められるようになるため、以下の表で外壁塗装でお金がかかるタイミングを予め把握しておきましょう。

外壁塗装でお金がかかるタイミング

タイミング支払いの有無
インターネットで業者選び費用の発生無し
紹介サービスで業者選び費用の発生無し
建物調査費用の発生無し
見積書の受け取り費用の発生無し
ご契約費用の発生無し
工事開始費用の発生無し
工事完了工事完了後のお支払いの場合、ここで初めて支払いが発生

お金がかかるタイミングとしては工事完了時が多いですが、その他にもお金がかかるタイミングが違うので確認しておきましょう。

  • 工事完了後にお支払い
  • 工事前50%、工事後50%のお支払い
  • 工事前20%、工事中30%、工事後50%をお支払い
  • 工事前に全額をお支払い

外壁塗装の見積もりが無料だとしても見積書に手を抜かないのが優良店

外壁塗装の見積もりを無料でしてもらったあとは、業者さんから必ず見積書や見積もり内容の根拠を示す診断書などを受け取ります。

無料で見積もりをしてくれるのには、このようにお客様方との商談の機会を得るためでもあるんです。

しかし、あなたが初めての外壁塗装であれば、見積書の内容や見方に注意が必要です。

なぜ見積書の内容・見方に注意しなければいけないの?

無料で外壁塗装の見積もりが受けられることが一般的となっているため、塗装業者側も多くのお客様方に対して見積もりを行っている状況です。

そのため、たくさんの見積もり対応をしているため、契約の見込みが低い・工事金額が低いと判断したり、いい加減な業者は見積書が以下のようになります。

  • 一式でまとめていて工事の詳細が分からない
  • 金額の根拠が分かる説明書や診断書が無い
  • 金額の大幅値引きをする(10万以上)

見積書とはあなたの大切なお家を工事するためのプランでもあるため、見積書の内容が曖昧であったり詳細が書かれていない場合は、どんな工事がされるのか分からない状態となります。

例えるなら、何の成分が入っているか分からない化粧水を肌に付ける感じでしょうか…。

いい加減な見積書は業者のやる気がない、もしくはあなたとの相性が悪くて手を抜いている可能性もあります。

見積もりは無料だったとしても見積書に手を抜かないのが優良店である証でもあるため、優良店が出す見積もりはどんなものであるか見てみましょう。

優良店さんが出す見積書の例

 
項目数量単価金額
基礎工事
足場(外壁・屋根含む)308.5㎡600円185,100円
養生費
飛散防止ネット
308.5㎡300円92,550円
高圧洗浄224㎡250円56,000円
開口部・その他ビニール養生一式45,000円
小計378,650円
外壁塗装工事
外壁塗装:下塗り
パーフェクトサーフ
(日本ペイント)
224㎡550円123,200円
外壁塗装:中塗り
ファインシリコンフレッシュ
(日本ペイント)
224㎡700円156,800円
外壁塗装:上塗り
ファインシリコンフレッシュ
(日本ペイント)
224㎡700円156,800円
小計436,800円
屋根塗装工事
屋根塗装:下塗り
ファイン造膜シーラー
(日本ペイント)
174㎡40069,600円
縁切り部材
タスペーサー
174㎡100円17,400円
屋根塗装:中塗り
ファイン4Fベスト中塗り
(日本ペイント)
174m700円121,800円
屋根塗装:上塗り
ファイン4Fベスト中塗り
(日本ペイント)
174m700円121,800円
小計330,600円
付帯塗装工事
木部・鉄部塗装
(雨戸込み)(一部錆止め)
一式85,000円
小計85,000円
シーリング工事
打ち替え50m800円40,000円
増し打ち181m500円90,500円
小計130,500円
その他
産業廃棄物処理費一式20,000円
小計20,000円
合計1,381,550円
消費税110,524円
値引き▲ 42,074円
合計1,450,000円(税込み)

上記の内容は、当サービスに加盟頂いている外壁塗装業者さんの見積もりサンプルですが、このような見積書だと安心できます。

見積書の見るべきポイントは以下の3つ。

  • 工事ごとで詳細に分けられているか
  • 使用する材料のメーカー名や商品名が書いてあるか
  • 値引きが10万以下で抑えられているか

このレベルの見積書になっているならば、手を抜かずにきちんとあなたやご家族の事を考えてくれる、優良な外壁塗装業者さんだと判断しても大丈夫です。

逆に、一式でまとめられていたり、内容が不鮮明だと感じる見積書を出す業者は、何かしら隠したいことがあるため詳細を書いていない場合もありますので、上記の見積書を基準に考えてもらえればと思います。

悪い外壁塗装の見積書のパターン

あなたが悪い見積書を出す外壁塗装業者に捕まらないよう、悪い見積書のパターンを覚えておきましょう。

代表的な3つのパターンが以下になります。

悪い見積書1:一式でまとまっている
項目数量単価金額
外壁塗装一式1,000,000円
屋根塗装一式800,000円
合計1,800,000円

大まかに一式として見積書を出す外壁塗装業者は、ほぼ99%の確立で悪い業者と言えます。

見積書というのは、工事内容そのものなので、一式とまとめて曖昧にさせれているということは、細かい部分を知らせてはまずいので記載していないと言えます。

見積書は細かく書いてあればあるほど、良いものであると覚えておいてほしいです。

悪い見積書2:数量が不明瞭
項目数量単価金額
足場150㎡600円90,000円
外壁150㎡2,500円375,000円
屋根100㎡2,000円200,000円

一見すると何も悪いところがないように見えますが、見てほしいところは「数量」の部分。

数量とは工事をする範囲を示すものですが、優良店さんだとメジャーやレーザーなどでしっかりと正確な測量をして、小数点まで含めて算出してくれます。

訳があり小数点までの範囲を切っているのであれば別ですが、通常は小数点など細かい部分まで測量をして見積書に記載してくれると覚えておいてほしいです。

切りがいい数字ばかりだと、いいかげんな測量をしている可能性があるため注意が必要です。

悪い見積書3:単価が記載されていない
項目数量単価金額
足場150.5㎡100,000円
外壁118.8㎡400,000円
屋根72.3㎡300,000円

こちらの見積書の悪い部分としては、単価が書いてない事です。

単価が書かれていなければ、何の工事にどのくらいの金額がかかっているのかが不明瞭となり、他社さんと見積書を比べた際に、せっかく複数の業者さんから見積書を取ったのに単価の比較もできなくなります。

単価がしっかりと書かれているかを確認することが大事です。

外壁塗装の見積もり金額をシミュレーションしてみましょう

外壁塗装と聞くと「家の外壁だけを塗り替える工事でしょ?」と思う方が多いのですが、実は外壁だけでは収まりません。

外壁塗装と言いつつも、以下のような別の工事も一緒に行う必要があるのが外壁塗装です。

手順内容
足場組立工事外装を塗り替えるために安全な足場を作る工事。
屋根塗装屋根材に新しく塗料を塗り替える工事
付帯塗装雨樋、軒、玄関など付帯部分の工事
防水塗装ベランダ、屋上などの防水工事
シーリング工事建物の防水性を高めるために隙間を埋める工事

このように、外壁塗装の見積もりを無料で行おうとした場合、他の工事の見積もりも一緒にしてもらうことになります。

当然工事の内容が増えれば、それだけ金額も増えていきますが、それぞれ工事の金額相場があるので、この相場を用いてシミュレーションをすることができます。

悪徳業者が出す高すぎる金額・安すぎる金額に騙されないだけでなく、無料で見積もりをする前に費用の予測もできるため、以下の表を私と一緒に見てみましょう。

見積もりシミュレーション

塗装工事の場合
足場下地処理外壁屋根シーリング付帯防水外構金額
60~80万
60~90万
40~80万
40~90万
60~110万
60~120万
60~150万
60~200万
張替え(葺き替え)工事の場合
足場下地処理外壁屋根シーリング付帯防水外構金額
60~300万
60~300万
重ね張り(重ね葺き)工事の場合
足場下地処理外壁屋根シーリング付帯防水外構金額
60~200万
60~200万

大まかな金額相場になってしまいますが、どの工事が含まれているかによって簡単にシミュレーションできるので、ぜひ活用頂ければと思います。

見積もりの仕方を学んで失敗しない外壁塗装を。

外壁塗装の見積もりは無料で出来ますが、無料だからといってどこに頼んでもいいと言うわけではないんです。

例えば、あなたがサイディング外壁の塗装を希望していたのに、見積もりが無料だからといってサイディング外壁の塗装ができない業者にお願いしてしまっては、あなたも外壁塗装業者も無駄な時間を使うことになってしまいます。

外壁塗装業者には「できる事」と「できない事」があるため、そこを見極めて無料見積もりをしてもらうことで、時間を無駄にせずスムーズに見積もりを受け取ることができます。

以下の見積もりの仕方を参考にしていただき、安心・納得の外壁塗装へ近づけられるようになってもらえると嬉しいです。

見積もりの仕方

外壁塗装の見積もりをするために、以下の仕方だとスムーズに進めることができます。

大事な情報となるため、私と一緒に見ていければと思います。

手順項目内容
STEP01お家の状況を確かめるまず大事な事として、あなたのお家がどのような状況かを確認しましょう。
「自分で見ても分からない…。」と思い何も確認していない状態だと、仮に業者があなたのお家の状態を、必要以上に悪く言ってきたとしても、あなた自身で判断できないため、業者のいいなりになってそのまま契約までさせられてしまう場合もあります。
「分からない、判断できない」と思わず、大切なお家のために、あなた自身で分かる範囲を確認しておきましょう。
STEP02希望の条件を定める外壁塗装をしてもらって、あなたがどうなりたいか希望をまとめておきます。
ご家族と話し合って決めるでもいいですが、あなた自身の希望がなければ、外壁塗装業者に見積もりをお願いしたとしても、業者側もどうしていいか分からず、曖昧な見積もりが出来上がってしまいます。
どうしたいかといった希望を言語化するのが難しければ、あなたが分かる範囲の言葉に直して業者へ伝えられるといいでしょう。
STEP03希望に合う業者を見つけるあなたの条件に合う業者を見つけます。
ホームページを見たり近所の人から聞いたりするのもいいですが、そういった情報は断片的なもので、あなたが求めている情報ではないかもしれません。
外壁塗装の業者を紹介してくれるサービスなどを利用すると、事前に情報を把握しているため、あなたの希望とマッチングした業者のみを紹介してもらえるのでオススメです。
STEP04業者へ見積もりを依頼するお家の状況、希望の条件、それらに合う業者を見つけられたら無料の見積もり依頼へ進みましょう。
見積もりをお願いする際、無料だからといって何度も見積もりの出し直しをお願いしたり、希望の条件をコロコロ変えてしまったりすると、業者側も対応できなくなり、たとえ優良店だとしてもお断りをされてしまう可能性があります。
無料だからこそ節度を保って、見積もりをお願いしましょう。
また、見積もりを1社だけに頼んでしまうと、本当にその業者がいいのか分かりずらいため、必ず2~3社の業者へ見積もりをお願いして、比較検討することが大事です。
STEP05業者から見積もりを受け取り比較する複数の業者から見積もりを受け取ったら、見積もりの違いを確かめましょう。
金額の違い、工事内容の違い、説明してくれるスタッフの違いなど、業者ごとに違いがあることを感じ取っていただけると思います。
各業者で違うからこそ、あなたやご家族に合う業者・工事内容を見極めることが大切です。

外壁塗装の見積もりというのは、塗装業者だけでは行えないものです。

調査する為に立ち合いをして頂いたり、見積書や工事プランの提案を聞いたりと、あなたと塗装業者が一緒になって進めていくものだと、見積もりを通して感じてもらえるはずです。

外壁塗装というのは、「あなた」「塗装業者」のどちらかの都合が良ければ成功するというものではなく、業者との共同作業によって初めて成功できる工事となっています。

そのため、業者選びは妥協せず、様々な角度から相性を確かめながら、本当に信頼できる業者を見つける事が大切です。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁塗装の無料見積もりについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装の無料見積もりに関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。
あなたにとって、外壁塗装に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外壁塗装の無料見積もりがしたい…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁修理をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

外壁塗装の無料見積もりができる工事店選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外壁塗装の無料見積もりの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)