• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

外壁の点検は10年ごと?大切なお家を守り続けるために。

  • 外壁(30)

大切なお家を守り続けるには、外壁の点検を10年ごとに行うのがオススメです。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが)

マイホームを購入後、今まで何も不具合なく安心の暮らしができていたのは、外壁が守ってくれていたおかげです。

「外壁が?生活を守ってくれている?」と言われても、あまりピンときませんよね。

実は、あなたが住んでいる一戸建てのお家、屋根や外壁といった外装(がいそう)によって紫外線・雨風・ホコリなどの環境的なダメージから守ってくれているんです。

お家の構造をもう少し簡単にしてみると、大きい箱(外装)の中に小さい箱(建物の内部)が入っているような状態。

建物の内部には、躯体(くたい)と呼ばれる骨組みがあるのですが、雨水などが侵入して腐食やシロアリが発生すると、建物をしっかりと立たせている土台がグラグラになってしまい、倒壊してしまう恐れもあります。

そうなると建て替え、もしくは大規模な数千万規模のリフォームが発生するため、お金もかかるしそのまま住むこともできなくなる…。

今の世の中何が起こるか分からないため、大切な資産を守るためにも、外壁の効果がきちんと発揮されているか、10年単位の点検が必要なんです。

外壁の点検をなぜ10年ごとに行う必要があるのか、大事な情報を私と一緒に見て頂けると嬉しいです。

外壁は、なぜ10年ごとの点検が必要なの?

高いお金を出して買っていただいたマイホーム、実は建てられている段階から劣化が始まっていたんです。

「形あるものはいつか壊れる」こんな言葉を聞いたことがあると思いますが、お家も同じようにずっとキレイな状態・安心した生活ができる状態を保てるわけではありません。

外壁の状態を年数を追って見た図があるので、まずはこちらを見てほしいです。

外壁に施されている塗装がどんどん剥がれ、最終的には外壁の状態を保てなくなり、雨漏りが発生する図、10年も経てば塗装は剥がれていきます。

建物を支える外枠の柱に対して、外壁材が取り付けられ、さらに外壁材には塗料が塗られています。※ 一戸建ての外壁材では主に、手塗りのようなモルタル外壁・工場生産されたサイディングボードがあります。

そもそも、外壁材に対して塗料が塗られていることを知っている方は少ないのですが、なぜ外壁に塗料が塗られていると思いますか?

私もこれを初めて知った時は驚いたのですが、外壁材を保護しておかないと、ヒビ割れなどが起きて、そのまま雨水が建物内部へ侵入し、腐食やシロアリの発生原因になるんです。

それだけでなく、雨水の影響によってカビが繁殖してシックハウス症候群になってしまったり、外壁材そのものの金額も高いため、取替となった場合も高い費用が発生してしまう。

外壁材自体を守り、取替など高額費用を発生させない、そして建物内部に雨水を侵入させないために、外壁材に対して塗料が塗られています。

外壁に塗られた塗料は、何年保てる?

外壁材に対して塗料が塗られてことは、なんとなくイメージしてもらえたかもしれませんが、塗料には耐用年数(効果が保てる期間)が存在しており、ずっとキレイな状態を保てるわけではないんです。

新築のお家は外壁もピカピカしててキレイですよね。

しかし、ご近所さんのお家やあなたのお家の今の外壁を見たらどうでしょうか…。

新築の時のようなキレイさはなく、少し茶色がかったような汚れ、またはサイディングボードの外壁であれば、ボード同士の隙間にシーリングと呼ばれる樹脂が注入されているのですが、シーリングが汚れたり隙間が空いていませんか?

「まぁそうだけど、汚れているだけでしょ?」と思われるかもしれませんが、その汚れが栄養となって外壁にカビ・藻・コケなどが繁殖したり、塗料が固まってできた塗膜(とまく)が剥がれる原因になります。※ 塗膜とは、塗料が乾燥してできた膜のこと。

塗料というのは、グレードと呼ばれる品質の違いがあり、

  • アクリル(品質:最低)
  • ウレタン(品質:低い)
  • シリコン(品質:普通)
  • ラジカル(品質:高め)
  • フッ素 (品質:高い)
  • 無機  (品質:最高)

この6つの種類になります。

何で品質の違いが出ているかというと、長持ちする期間(耐用年数や耐久性)と呼ばれる部分。

品質が最高ランクの無機系塗料の場合は15~20年ほどの期間は保てる、逆に品質が最低ランクのアクリル系塗料の場合は2~3年で剥がれてしまう場合があります。

このように、期間によって品質が変わり、長持ちすればそれだけ金額は高く、長持ちしなければそれに応じて金額も安くなる。

この、どのくらいの期間、長持ちできるかがポイントとなり、外壁の点検を10年ごとに見直す理由となっています。

外壁の点検が10年ごとだと言われる理由

お家が建てられた時、だいたいは手塗りがされたようなモルタル外壁か、すでに工場で外壁材として作られたサイディングボードの外壁が取り付けられています。

外壁材が取り付けられているということは、必然的に塗料も塗られているのですが、その塗られている塗料が点検のタイミング。

お家を建てる時、何千万円といったお金がかかりますよね。

すでに建築で高額な費用が発生しているため、金額を抑えるためにも、塗られる塗料の品質を低くする場合があります。

最初に建てられる時から、最高ランクの無機系塗料が使われることはほぼなく、ウレタンやシリコンといった10年前後保てる塗料が使われることが多い。

そう考えると、10年前後には外壁の塗装が剥がれてくる時期となり「外壁の点検は10年」だと言われる理由に繋がるんです。

塗料を塗ってもいずれは塗り直しが必要となるため、点検も10年ごとをオススメしたいところです。

外壁の点検は人間の健康診断と一緒

あなたも毎年健康診断を受けていらっしゃるかもしれませんが、人間と同じでお家も定期的な点検とメンテナンスが必要なのは同じです。

人間の場合、健康診断を受けたことで、早くガンを発見でき治療ができた。
お家の場合、点検をしたことで、シロアリの発生に気づき駆除できた。

こういったことに繋がってきます。

本来であれば、5年ごとこまめなタイミングで、外壁の点検を行い、メンテナンスしていただくのが理想ですが、外壁の点検をしてもらう業者探しは一苦労…。

せめて、塗料の効果が切れる10年ごとのタイミングで点検をしてもらえると、安心した暮らしが継続できるかと思います。※ 使われた塗料の品質によっても、タイミングが変わるため、目安として10年と覚えて頂きたいです。

外壁の不具合で雨漏りが起きたりすると、やはり一番の問題はあなただけでなくご家族にも不安やストレスがかかること。

特に、お子様が受験だったり、将来的に譲渡することを考えていらっしゃるのであれば、お家に対してマイナスなイメージを持ってもらいたくないですよね。

また、あなた自身がこの先何十年もお家で暮らすことを考えれば、将来的に住めなくなるより、将来に住めるようメンテナンスが必要です。

メンテナンスをするかしないかは、その時の判断にもよりますが、多くの業者さんは無料で外壁の点検をしてくれるので、10年ごとがタイミングだと覚えてもらえると嬉しいです。

最後に…。

ここまで読んでいただきありがとうございます。
外壁の点検が10年だという事についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さいことからでも大丈夫なので、お気軽に以下の外壁に関するご相談フォームにてご連絡くださいね。
あなたにとって、外壁点検に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

かべぬりコンさん外壁の点検がしたい…。

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁の点検をお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

外壁の点検できる工事店選びから、もしそのままメンテナンスを行う場合は、見積金額の適正診断など、無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

「外壁の点検の相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中