• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

「外壁リフォーム」って?慌てず安心して住宅メンテナンスをするために。

外壁リフォームの必要性から業者の選び方まで、外壁リフォームをする前に知っておきたい情報が分かります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:戸塚(とつか)

外壁リフォームをすることであなたの家の悩みが解決します。

外壁リフォームをするということは、住宅のメンテナンスをするということです。

どの住宅であっても必ずメンテナンスをする時期がくるため、その時になっても慌てず安心して住宅のメンテナンスを行えるように、外壁リフォームについて詳しく見ていきましょう。

外壁リフォームとは?

外壁リフォームって?慌てず安心して住宅メンテナンスをするために。

外壁リフォームとは、住宅のメンテナンスのことを指します。

例えば、築10年以上経っていてあなたの家の劣化が激しい場合、そのままにしておくと住宅の寿命が短くなってしまいます。

外壁リフォームとは、この劣化した状況を改善し、住宅の寿命を長持ちさせる工事です。

外壁リフォームの必要性と費用価格は?

外壁リフォームを必要としている状況には、2つのパターンがあります。

1つ目は、外壁リフォームをしなくてはいけなくなってしまったパターン
2つ目は、今後の事を考えて外壁リフォームをしておきたいパターン。

それぞれのパターンの違いを見てみましょう。

外壁リフォームが必要な2つのパターン

外壁リフォームが必要になる場合、現状をなんとかしたいと考える方、今後の為にメンテナンスをしておきたい方で分かれます。

外壁リフォームをしなくてはいけなくなってしまったパターン

  • 外壁がボロボロで外壁そのものを変えないといけない
  • 外壁の汚れをそのままにしてしまっている
  • 一度外壁塗装をしたけどすぐに剥がれてしまった
  • 築年数が20年以上経過しているがメンテナンスを行ったことがない

今後の事を考えて外壁リフォームをしておきたいパターン

  • 今後の住宅メンテナンス費用を抑えたい
  • 定年を迎える前にキレイにしておきたい
  • 将来的に家を売るのでキレイにしておきたい

気をつけるべきは「しなくてはいけなくなってしまった」パターン

外壁リフォームを「しなくてはいけなくなってしまった」場合は、気づくのが遅くなってしまったり、メンテナンスをせず放置したままの状態が続いてしまっていた可能性があります。

この「しなくてはいけなくなってしまった」場合、外壁の劣化だけでは済まずに、建物内部に劣化が浸透してしまって、建て直しが必要となることも。

外壁の劣化を軽視せずに、きちんとメンテナンスが必要かどうか見極める必要があります。

外壁リフォームの段階別工事

外壁の劣化状態で、するべき外壁リフォームの内容が違ってきます。

外壁の劣化が小さい場合
工法費用詳細
外壁塗装約30坪で60~200万塗料の塗り直しで済む状態
外壁の劣化が大きい場合
工法費用詳細
外壁張り替え・重ね張り約30坪で100~300万外壁を新しいものに交換・重ねて付けることで改善できる状態
劣化が建物の内部構造にまで達していた場合
工法費用詳細
建て直し約30坪で 数千万~建物そのものをリフォームしないといけない状態

滅多に建て直しが必要な劣化になることはないですが、あなたがお住いの環境や外壁の劣化が原因で雨漏りの発生、さらに二次被害でシロアリの発生など、住宅のメンテナンスを怠ることで、建て直しの危険性も増します。

外壁に何かしらの症状が出ている場合は、メンテナンスが必要かをきちんと見極め、早めに外壁リフォームを行っていきましょう。

外壁リフォームが必要になる原因

外壁リフォームが必要になる原因を知ることで、必要な時に必要なメンテナンスをきちんと行えるようになりましょう。

原因1:築年数

築年数が10年前後になると、まず外壁塗装が必要な時期。住宅は建築時から常に紫外線・雨風・ホコリ等の環境ダメージを受け続けているため、住宅は常に劣化し続けています。

さらに劣化し続けていると、外壁の保護機能である塗装が剥がれてくるので、次第に劣化の速度が早まります。

原因2:地域の環境

近所に木がある

木があることで、葉っぱや木の枝なとが風であなたの家に飛ばされてくる可能性があります。それが元で藻・コケ・カビの原因となることもあるため、外壁の汚れが通常よりも進行しやすいです。

川がある

水分を含んだ風を受けやすく、外壁も湿りがちです。湿気の影響で汚れも付きやすくなり、その汚れを栄養として藻・コケ・カビなどが発生する原因にもなります。

海がある

海が近くにある場合は、潮風(塩分を含んだ風)の影響で塩害を引き起こします。塩害は鉄部をサビさせるだけでなく外壁の汚れの原因にもなる藻・コケ・カビなどを繁殖させる栄養にもなってしまいます。

原因3:素材の質

外壁に使用されている素材の質が悪いと、劣化の速度が早くなります。

また、外壁に塗られている既存の塗装で使われた塗料のグレードが低いと、すぐに剥がれるので、外壁リフォームの時期が早まります。

原因4:建物位置

回りを建物に囲まれて日が当たらない状態が常にある場合、日陰のところから藻・コケ・カビが発生し、外壁リフォームが必要になる時期が早まります。

原因5:前回メンテナンスしたこと

前回行った外壁塗装が粗悪な塗装業者の手抜き工事などの場合、それが原因で外壁リフォームをしなくてはいけない状況が発生することもあります。※外壁塗装・張り替え・重ね張り(カバー工法)は必ず優良業者にお願いしましょう。

このように、築年数などの時間の影響や、川・海などの環境的要因・建物の位置などの近隣状況などによって様々な原因が発生します。

原因を詳しく知ることで、外壁リフォームが必要か見極められるようになります。

外壁リフォームと雨漏りの関係性雨漏りをする場合、屋根が原因だと思われがちですが、外壁の劣化が原因での雨漏りも存在しています。外壁リフォームを行うことで、雨漏りも直すことも可能なので、雨漏りが発生している場合は、外壁リフォームも検討してみましょう。

外壁リフォームにはどんな種類・工法があるの?

外壁リフォームの種類・工法には代表的な3つがあります。

  • 外壁塗装
  • 外壁の張り替え
  • 外壁の重ね張り(カバー工法)

この3種類の工法を使って外壁リフォームが行われることがほとんど。それぞれの工法を詳しく見ていきましょう。

外壁塗装

工法坪数費用相場
外壁塗装約30坪の場合60~200万
※塗料の違いによって費用が変わってきます。

外壁リフォームの1つ目は外壁塗装です。

外壁塗装では、主に外壁に特別な塗料を塗り重ねて塗膜(塗料が乾燥してできた膜)を作ることで、紫外線・雨風・ホコリなどの自然環境から受けるダメージから、住宅の劣化を防ぐための工事です。

意外と外壁塗装が重要なことを知らない方も多いので、外壁塗装をしたらどんな効果があるのか見てみましょう。

外壁塗装の効果

  • 建物に保護機能がつく
  • 外観を美しく保てる
  • 火災などにも強くなる※特殊な塗料を使用した場合

まず、外壁塗装した場合の最大の効果は、建物を保護するための機能が付くということです。

建物は建てられている時から自然環境からダメージを受けることになり、常にダメージを受け続けている状態となります。

この自然環境のダメージから建物を守る機能を外壁塗装ですることで、長持ちする建物にすることができます。

また、外観を美しく保つことで、あなたの暮らしやすさ癒やしなど、建物に対しての不安が消えることで、過ごしやすくなります。

外壁塗装は、建物とそこで住む人を幸せにする外壁リフォームと言えます。

外壁塗装の流れ

STEP1外壁塗装前の養生・足場組立
STEP2外壁をキレイにする(洗浄・下地処理)
STEP3塗料の塗り替え

外壁塗装は、塗料のグレードも重要な要素ですが、外壁塗装前に行われる養生・足場組み立て・洗浄・下地処理などの、基本的な工程をどれだけしっかりできるかで決まります。

これらの工程にはルールがあり、ルールを守れる外壁塗装業者に依頼することが必要です。

もっと詳しい外壁塗装の工程については外壁塗装の工程と期間には守るべきルールがあるも合わせてご確認ください。

外壁塗装に必要な塗料

外壁塗装には様々な種類の塗料が使われています。

  • アクリル系塗料
  • ウレタン系塗料
  • シリコン系塗料
  • フッ素系塗料
  • 遮熱・断熱系塗料
  • ラジカル系塗料
  • 無機塗料

これらの種類があり、さらに種類ごとで塗料メーカーがたくさんの塗料を販売しています。

塗料ごとで、耐用年数(効果を保てる期間)・付加効果(防サビ・耐熱など)・値段なども違ってきます。

たくさんある塗料の中から、あなたの家・地域に合う塗料を選ぶためにも、地域密着でその地域での塗装を熟知している業者に塗装は依頼するのがオススメです。

塗料についてもっと詳しく知りたい方は外壁塗装の塗料にはどんな種類があるの?それぞれの特徴も合わせてご確認ください。

外壁の張り替え

工法坪数費用相場
外壁の張り替え約30坪の場合100~300万
※張り替える外壁材によって費用が変わってきます。※既存の外壁材の撤去費用もかかるため費用が高くなります。

外壁リフォームの2つ目は外壁の張り替えです。

外壁の張り替えは、現在の外壁材を剥がして新しい外壁材を張り付ける工事を行います。

外壁の状態が塗装では対応できないほど劣化していた場合に外壁を張り替えをするため、塗装工事よりも大掛かりな外壁リフォームとなります。

どんな外壁に対しても張り替えはできる?既存の外壁がどの外壁でも、既存の外壁材を撤去してしまうため、どの外壁であっても張り替えが出来ると言えます。しかし、外壁を支える柱などの劣化がヒドイ場合、外壁の張り替えではなく建物全体のリフォームが必要となるため、そのような状態になる前に、きちんと外壁リフォームを行っておきましょう。

外壁の張り替えに必要な外壁材について

外壁の張り替えには、主にサイディングボードと言われる外壁用に板状に加工された壁を貼り付けます。

窯業系サイディングボードセメント質や繊維質を混ぜて板状にした外壁材です。セメントが含まれているため、寒い地域などでは「凍害」と言われる症状がでて、張り替えが必要になることも多いです。
金属系サイディングボードスチールやアルミニウムなどの金属を板状にしたもの。断熱・防火・防カビなどの特徴があり、長くキレイに保つ機能があります。
樹脂系サイディングボード塩化ビニル樹脂を利用して作られた板状のもの。弾力性・耐久性・断熱性などもあり高機能な外壁材です。
木質系サイディングボード木材を利用して板状に加工されたもの。木材なので、火に弱かったり劣化もする可能性があるので、使用には十分注意をする必要があります。
タイル材質もしっかりしているので費用も高めですが、メンテナンスが不要という特徴があります。また、色々なタイルの組み合わせであなた自身の好きな模様を作ることもできます。
ガルバリウム見た目のかっこよさだけでなく、耐久性・耐食性・耐熱性などに優れているので、人気の外壁材になります。

これらのサイディングボード・タイル・ガルバリウムなどを利用して、外壁の張り替えが行われます。

外壁の張り替えの流れ

STEP1既存の外壁材を剥がす
STEP2新しい外壁材を取り付ける※サイディングボードの場合はコーキング(シーリング)が必要。
STEP3既存外壁材の撤去

外壁の張り替えについて、もっと詳しく知りたい方は外壁の塗り替えって?初めての人が必ず知っておきたい情報まとめも合わせて見ていただければと思います。

外壁の重ね張り(カバー工法)

工法坪数費用相場
外壁の重ね張り(カバー工法)約30坪の場合60~200万
※張り替える外壁材によって費用が変わってきます。

外壁リフォームの3つ目は外壁の重ね張り(カバー工法)です。

外壁の張り替え工事と似ていますが、外壁の張り替えと重ね張りは少し違います。

2つの工法の一番の違いは、既存の外壁材を取り外すか取り外さないか。

外壁の重ね張りでは、既存の外壁材を外さないで、既存の外壁材の上から新しい外壁材を取り付ける工事となり、外壁の張り替えよりも費用を抑えることができます。

  

外壁の重ね張り(カバー工法)の流れ

STEP1既存の外壁の下地処理※コーキング(シーリング)や軽い補修をして整えます。※下地処理を行わないと外壁の劣化が早まる場合もあります。
STEP2新しい外壁材を重ねて付ける※サイディングボードの場合はコーキング(シーリング)が必要。

外壁リフォームをする上で2つの知っておきたい時期

外壁リフォームをする上で2つの知っておきたい時期があります。

1つ目:外壁リフォームをするべき症状が出ている(タイミング)
2つ目:外壁リフォームをするのに都合がいい季節

この2つの知ることで、外壁リフォームをするタイミングを逃さず、適切な時期に行うことが可能となります。

それぞれの時期について詳しく見ていきましょう。

外壁リフォームをするべき症状が出ている(タイミング)

外壁リフォームが必要な症状を知ることで、外壁リフォームをする適切な時期を見極めることができます。

症状危険度レベル必要な外壁リフォーム詳細
変色(ツヤが無くなる)レベル1外壁塗装新築時や外壁塗装後などは色がキレイ・ツヤがある(ツヤ無し塗料もある)外壁になっています。しかし、常に紫外線・雨風などダメージを受け続けているので、次第に外壁にあった保護機能(塗装)がすり減って、保護機能が薄れている状態が変色(ツヤが無くなる)します。
チョーキングレベル2外壁塗装外壁が変色(ツヤが無くなる)してくると、さらに外壁に対して紫外線などのダメージが入りこみやすくなり、劣化が進みます。劣化が進むと外壁に塗装された塗料が粉上になり、保護機能が失われている状態がチョーキングとなります。
藻・カビ・コケの繁殖レベル3外壁塗装変色やチョーキング等、劣化が進むと外壁に汚れが溜まりやすくなり、その汚れを栄養として藻・カビ・コケが繁殖していきます。
外壁・コーキングのヒビ割れ(クラック)レベル4外壁塗装
外壁の張り替え
外壁の重ね張り(カバー工法)
モルタルの場合は、外壁の保護機能が薄れることでクラックと呼ばれるヒビが入ってきます。サイディングボードの場合は、サイディングボード同士を接合するために使われるコーキング(シーリング)が劣化し、ヒビ割れ・剥がれ・隙間・真ん中が切れる破断・欠落・痩せる・黒ずみの発生がします。
剥がれ(剥離)・膨れレベル5外壁塗装
外壁の張り替え
外壁の重ね張り(カバー工法)
劣化が激しくなってくると、外壁に塗装されている塗料が剥がれてしまったり、サイディングボードの塗装不良でプックリと塗装した部分が部分的に膨れ上がってしまう現象が発生します。

かかる費用も当然レベル1のものよりレベル5の段階の方が大きくなるので、なるべく費用が少なくて済む段階で、外壁のメンテナンスを行っておくことがオススメです。

外壁リフォームはどんな建物でも出来る?

外壁リフォームと建物には相性が存在しています。

どの外壁リフォームがどの建物に適しているかを知ることで、最適な外壁リフォームを選べるようになりましょう。

工法建物の種類
外壁塗装・一戸建て(住宅)
・マンション
・超高層マンション
・アパート
・工場
・倉庫
・店舗
・ビル
外壁の張り替え・一戸建て(住宅)
・マンション
・アパート
・工場
・倉庫
・店舗
外壁の重ね張り(カバー工法)・一戸建て(住宅)
・マンション
・アパート
・工場
・倉庫
・店舗

超高層マンション、ビルなどの場合は、建物階数が高い・坪数が広い場合もあり、大規模修繕工事となります。

そうなると、数千万~数億円になることも…。

そのため、外壁の張り替えや重ね張り(カバー工法)については、階数が少ない・坪数がそこまで広くない建物での外壁リフォームで、オススメの工法となります。

外壁リフォームをするならどんな業者に頼めばいい?

あなたが外壁リフォームをする上で一番気をつけるべきなのは、どの業者に依頼するかです。

この業者選びで、あなたの外壁リフォームが失敗するか成功するかが決まるため、なぜ業者選びが大事なのか見てみましょう。

外壁リフォームでは業者選びが最重要

外壁リフォームを成功させるためには、優良業者を選ぶ必要があります。

悪徳業者者と優良業で比較をしてみます。

悪徳業者優良業者
・見積もりの根拠が不鮮明
・費用が高すぎる
・費用が安すぎる
・手抜き工事がされる
・近所の人にも不評
・工事中に嫌な思いをすることがある
・見積もりが適正で安心
・費用が相場に近い金額
・しっかりした工事
・安心、納得のリフォーム

このように、悪徳業者と優良業者で納得・安心度に差がでます。

自分は「悪徳業者に騙されない」と思っていても、知らず知らずのうちに悪徳業者に依頼してしまっている方も…。

外壁リフォームは消費者センターによく相談がくる

消費者センターでリフォーム工事の相談が、2016年には6,246件もの相談がされていいます。※参照:リフォーム工事の相談件数

1日にすると約17人もの人が消費者センターに連絡をしてきていることになります。

消費者センターに連絡することが無いよう、悪徳業者かどうかを見極めるためにあなたも外壁塗装で悪徳業者にだまされてる?不安を解決できる全情報も合わせてご確認ください。

外壁リフォームは地域密着の優良業者へ

外壁リフォームを地域密着の優良業者へお願いするメリットは以下になります。

  • 何かあった時にすぐ来てくれる距離
  • 地元で一つでも悪い評判があれば仕事がしていけていないこと
  • あなたの地域に合う工法を熟知している

これらの理由から地域密着の優良業者を選ぶことを、私たちではオススメしています。

外壁リフォームの優良業者はどうやって判断すればいいの?

外壁リフォームの優良業者を判断するには、いくつかポイントがあります。

  • 訪問販売できた業者でないこと
  • お客様への誠実な対応ができること
  • 確かな技術と実績
  • 施工時の対応、マナー

外壁塗装コンシェルジュに加盟している外壁リフォーム業者は、これらの基準をクリアした業者のみです。

万が一、紹介させてもらった業者でお客様の不利益が発生した場合、その業者は再審査か加盟を解除させていただいています。

このように、お客様の声をいただき、私たちは紹介業者の質も日々高めています。

外壁リフォーム業者の判断ポイントを詳しく知りたい方は優良認定された業者はどんな基準で選ばれている?も合わせてご確認いただければと思います。

外壁リフォームの優良業者を見つけるにはどうすれば?

外壁リフォームの優良業者を見つけるには、以下の方法で手間なく探せます。

  • すでに外壁リフォームをした人から紹介してもらう
  • 一括見積もりサイトに依頼する

それぞれの探し方について詳しく見てみましょう。

すでに外壁リフォームをした人から紹介してもらう方法

外壁リフォーム業者の中には、強引な訪問販売・安さだけをうたったチラシのばらまきなどでお客様を得ているところもあります。

しかし、優良業者は自然とお客様の口コミが発生し、お客様が新たなお客様を呼んでくれるため、無理な営業をしなくても常に仕事の依頼で溢れています。

お客様間での紹介で成り立っている外壁リフォーム業者は、それだけお客様方からの信頼を得ている、つまり良い外壁リフォームを行えるということです。

まずは一度、外壁リフォームを体験した方に話しを聞くのがオススメです。

一括見積もりサイトに依頼する方法

外壁リフォームの一括見積もりサイトを利用すると、すでに一括見積サイト側で選定した業者を紹介してくれます。

選定基準は一括見積もりサイトごとで違うため、気をつけなければいけません。

気を付けるポイントは以下の3つ。

  • どんな基準で選定しているのか
  • 一括見積サイト側がしてくれる事が明確にされているか
  • 対応者(スタッフ)の顔写真はあるか

まずは、どんな基準で選定しているかが重要です。その基準とあなたが考える基準が合わない場合は、その一括見積もりサイトの利用はオススメできません。

他にも、どんなことをしてくれるのか明確だと安心して相談もできて、さらにどんな人が実際に対応してくれるのか分かると、相談者側からすればさらに安心ができます。

この3つのポイントから、あなたが信頼できると・合う一括見積もりサイトを利用することがオススメです。

外壁リフォームは屋根と一緒にリフォームすると安くなる?

外壁リフォームは費用がかかるものですが、安くできる方法があります。

しかし、悪い業者は素材の質や必要な工程を省いて値下げをして、結局すぐにダメになる外壁リフォームになることも…。

そうならないため、質を落とさず費用を安くする安心なやり方を知ってほしいです。

外壁リフォームは屋根リフォームも一緒にすることで安くなる

住宅のメンテナンスは、建てている時から劣化が始まる関係で、いずれはどの建物であってもメンテナンスを行わないといけません。

メンテナンスをしないといけない部分は以下のものです。

  • 外壁
  • 屋根

この2つが、いずれはどの建物であってもメンテナンスを必要とするもの。

そして、外壁も屋根もリフォームを行う場合は、作業者の足場を安定した状態にする目的で、足場が組み立てられます。

足場を組み立てる場合、必ず数十万以上~は費用としてかかるものなので、例えば外壁と屋根のリフォームを別々に行った場合、足場代が2回分かかることになります。

しかし、外壁と屋根のリフォームを同時に行えば、足場代が1回分だけで済むため、数十万円分が安くなります。

業者も外壁・屋根を同時にリフォームさせてもらうことで利益が生まれるため、値引きにも快く応じてくれる場合もあります。

そのため、外壁リフォームをする場合は屋根も一緒に!と覚えておいてほしいです。

最後に…

ここまで読んでいただきありがとうございます。

外壁リフォームについてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?どんな小さなことからでもご相談を無料でさせていただいているので、お気軽に以下の外壁リフォームのご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

あなたにとって、安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

外壁リフォームをするにはどうしたら…

誰だって初めてのことには不安を覚えるもの。

私たちのような中立の立場である無料サービスを活用いただき、アドバイス・サポートで安心できる外壁と屋根の、リフォームをお手伝いできればと思っています。外壁塗装コンシェルジュとは

失敗しない屋根・外壁リフォーム工事の業者選びから、見積もり金額の適正診断など、全て無料で承らせていただいているので、お気軽に連絡をいただければ嬉しいです。

お急ぎの場合は、0120-164-917(平日10時〜20時)0120-164-917(平日10時〜20時)に電話をかけていただければ、待たずにすぐ相談ができるので、電話口で「外壁リフォームの相談がしたい」とお伝えください。

コンシェルジュ
初めての人でもカンタンに優良業者を選べます。最大3社をご紹介。