• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

こんなに違ったの!? 屋根と外壁は同時塗装することで安くなる。【費用例あり】

学校や職場では教えてもらえない、塗装工事を安くする方法を学ぶことができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:伊藤(いとう)

あまり教えてもらえない事なのですが、塗装工事は「屋根」と「外壁」を同時に塗装することで、費用を抑えることができるんです。

塗装工事は、約10年周期で行われる、お家にとって大切なメンテナンスの一つ。

定期定期に行う必要があるということは、その分お金もかかるという事になるため、少しでもかかるお金を安くして、その分普段の生活に回したいですよね。

あなたのご家庭の負担が少しでも減らせるように、私と一緒に必要な情報を見て頂けると嬉しいです。

屋根と外壁を同時に塗装するとお得なワケとは?

こんなに違ったの!?屋根と外壁の塗装は同時に行うことで安くなる。

屋根と外壁の塗装工事を同時に行うことで費用が安くなる理由としては、足場代が減らせるからです。

足場というのは、建物工事を行う際に、お家の周りを囲うように建てられる鉄パイプの仮説足場のこと。

屋根も外壁も、それぞれ塗装をするためには足場が必要となり、足場代だけでも約30坪ぐらいのお家だと10~20万円ほどかかります。

もう少し具体的に知る為に、以下のシミュレーションを見てみましょう。※ 新築・約30坪・外壁はサイディング・屋根はスレートのお家でシミュレーション。

別々で工事をした場合

工事箇所築10年築20年築30年合計
屋根50万50万50万330万
外壁60万60万60万

同時に工事をした場合

工事箇所築10年築20年築30年合計
屋根・外壁100万100万100万300万

これは、築10年ごとで塗装工事を「別々」に行った場合と「同時」に行った場合のシミュレーションになりますが、30万円ほどの差が出てきています。

「たった30万円」「30万円も!?」と感じ方は人それぞれだと思いますが、30万円もあればご家族でリッチな旅行に行けたり、好きなモノにお金を使えていたはず。

ちょっとした進め方の違いで、これだけ金額差が出てくるのであれば、屋根と外壁を同時に塗装するメリットについては、なんとなく分かって頂けたかと思います。

上のシミュレーションでは、足場代を約10万円で計算していますが、建物が大きくなればその分、足場代も高くなっていくため、一度に全てを塗装することが費用を安くする方法だということを、覚えておいてもらえると嬉しいです。

実は、同時塗装のメリットを知らない方が多いです。あなたのご近所さんで塗装をしている方も、別々に塗装をしている場合もあるので、塗装工事で覚えておきたい知識の1つになります。

同時に塗装をすると値引きがされやすい?

同時に塗装をすると金額も高くなるし、値引きをしてくれるんじゃないか?というイメージを持たれるかもしれませんが、あまり過度な値引きは期待してはいけません。

たしかに、屋根や外壁単体の塗装工事の金額より、少しでも工事金額が高い同時塗装の方が、業者さんは利益が増えるので嬉しいんです。

そのため、同時に塗装を頼むと業者さんによっては値引きを入れてくれる場合もあります。

ここで気を付けたいポイントとしては、戸建て住宅の塗装工事であれば、高くても値引きは10万円以内まで。

優良業者さんの多くは、適正な価格で自社にも利益が入るギリギリで見積もりを作ってくれているので、出された見積もりから大幅な値引きをしたら、考えていたプランの適切な工事ができなくなります。

最大限がんばってもらっても1割いくかのレベル。

屋根・外壁の同時塗装は100万円前後が相場といわれているので、10万円以内といった金額が最大限の値引きであり、それ以上の値引きは工事プランを根底から覆すことになるので、手抜きや不正が発生しやすくなります。

金額が高くなることで値引きがされやすくはなりますが、値引き額に気を付けて、優良業者か悪徳業者かを見極めてほしいです。

屋根と外壁の塗装をする際の費用相場

「同時に屋根と外壁の塗装をした場合は安くなるんだな~」という印象を持って頂けたら嬉しいです。

しかし、安くなることは分かったけど、そもそも塗装工事の金額ってどれくらいなの?という不安もあると思うので、ここで私と一緒に塗装工事の費用相場例を見てみたいと思います。

あくまでも相場といった視点で見てもらいたいと思うのは、お家の状況・選んだ業者さんによって、金額が変わってくるからです。

例えば、

  • 屋根材に発生している症状(剥がれ・欠けなど)
  • 外壁材に発生している症状(ヒビ・剥がれなど)
  • 業者さんの組織体制・仕入れ先・技術

他にも、あなたのお家の立地状況、日陰の有無、気候の違いなど、全国を見渡しても、同じ状況のお家は1つもありません。

塗装工事は完全にオーダーメイドで見積もりをとる必要があり、決まった定価が出せない為、相場といった費用例でお伝えさせて頂きます。

築年数別の費用相場

下記の費用相場は、私たち外壁塗装コンシェルジュに加盟頂いている優良店さんが出したお見積りを元に、相場を算出したものになります。

築年数平均費用
築6~10年1,133,892円
築11~15年1,310,160円
築16~20年1,205,942円

地域ごとで違う同時塗装の費用相場

下記の表は、政府統計の総合窓口「e-Stat」で公表されている、お家の平均延べ床面積を参照して相場を概算し、独自に出した相場です。

平均延べ床面積が広い
地域平均費用
富山県1,147,075円
福井県1,125,745円
山形県1,102,345円
石川県1,085,065円
新潟県1,081,420円
人口が多い地域
地域平均費用
横浜市1,039,772円
大阪市1,100,117円
名古屋市1,238,965円
川崎市1,087,157円
神戸市1,137,580円
さいたま市1,109,755円
広島市1,172,005円
千葉市1,152,767円
世田谷1,150,742円
堺市1,091,140円

「屋根」と「外壁」を同時に塗装をするには、まず何をしたらいい?

屋根と外壁を同時に塗装するには、塗装するための流れを覚えておくのがオススメ。

大まかな流れとしては、

  • 1番目:まず初めにどんな屋根・外壁にしたいかを考える
  • 2番目:業者選び
  • 3番目:塗料選び

この3ステップです。

それぞれ、あなたにとって大事なポイントがいくつも含まれているので、大切な情報を私と一緒に見ていければ嬉しいです。

1番目:まず初めにどんな屋根・外壁にしたいかを考える

本当は、塗装の前に決めておくべきことがあるのですが、「汚くなってきたから、塗装したい!」と、キレイにする事のみ考えていらっしゃる方が多いんです。

自分の希望が明確になっていないと、塗装業者の提案をそのまま受け入れてしまって、結局、満足いかない塗装になってしまうことも…。

まず初めに、今の屋根と外壁の状態をどうしたいのかを考えることが重要だと覚えてもらいたいです。

「屋根を、外壁を、どういった状態にしたいか…。」こう考えてしまうと、なかなか出てこないと思うので、私たちへご相談頂く方々から頂いた、塗装する上での希望を参考として出してみます。

  • 新築時のような綺麗な家に戻したい
  • 同時塗装で定期的に発生するメンテナンス費用を抑えたい
  • 色をガラッと変えて気分を一新させたい

このような具体的な希望・基準を持つことで、どれぐらいの予算にしたいか・どの塗料を使用するかなども見えてきます。

また、具体的な希望があることで、塗装業者側もあなたの本当の希望に沿った提案をすることができ、失敗しない満足の塗装に仕上がります。

あなたの希望が曖昧だった場合、何が起こる?

屋根と外壁を同時に塗装することで、費用を安くさせる目的は達成できますが、それは金額だけの目的達成。

塗装を行いお家の保護をするという事は、あなたの今後の暮らしを一緒に考える事でもあり、それを叶えるために業者さんが最適な工事プランを考えてくれます。

もし、あなたの希望が曖昧だった場合、何が起こるのでしょうか。

なんとなく塗装が終わって、ただただお金が減っただけ。
→金額にしか意識が行っていなかっため、不満が残りやすくなります。

塗装工事はしたけど業者まかせにしたから、何が塗られているか分からない。
→その後、何十年という生活に不安がのこり、ストレスを抱える日々…。

これは大げさな表現かもしれませんが、あなたの希望がなければ、安くなることだけにしか意識が向かず、結果的に不満足な塗装工事になる可能性は高いです。

希望が完全に叶うわけではなく、お家の状況や業者さんの技術にもよりますが、業者さんと塗装工事の方向性をすり合わせていくためにも、塗装を行う前のあなたには「塗装を行ってどういった状態になりたいのか」希望をしっかりと持ってほしいと思っています。

もし、どういった塗装をすべきか悩んでいらっしゃる場合は、私達のような第三者機関である無料の相談窓口へ話を入れてみると、あなたの想いも固まってくるかもしれません。

ご家族やお友達に話す形でもいいので、塗装を行ってどうなりたいかを考えてもらえると嬉しいです。

2番目:業者選び

屋根と外壁の塗装が成功するか失敗するかは、99%業者選びにかかっているといっても過言ではありません。

優良業者と悪徳業者ではっきりした違いが生まれてきます。

項目優良業者悪徳業者
見積もり適正価格で見積もりを出してくれる金額を不当に操作して相場より高い見積もりを出してくる
塗装キレイ・丁寧な塗装でその後約10年は保つ塗装になる塗装が雑で1〜2年ですぐ剥がれてきてしまう
態度礼儀正しく、好感が持てる態度が悪く気分を害する
アフターフォローすぐに駆けつけてくれる無視をする、何回か連絡してやっと来る

大げさな比較かもしれませんが、実際にこのような違いが生まれているため、ハッキリと塗装が成功するか失敗するかは業者選びにかかっていると言えます。

悪徳業者の実態を、協力加盟店さんから情報共有を頂いたので、「悪徳業者による手抜き工事の事例を公開。安心できる外壁塗装のためには?」という記事に書かせてもらっています。

お客様から「涙ながら連絡してきた」という話から、どんどん悪徳業者の所業を追った記事になっているので、こちらを見てもらえると、いかに優良業者に塗装をお願いできるかが、塗装工事を成功させるか分かって頂けると思います。

また、せっかく屋根と外壁の同時塗装で費用を削減できたとしても、悪徳業者の塗装ですぐに剥がれてしまったり、やり直しが発生すると、削減できた分の費用分はあっという間に消えてしまう…。

怖い話になってしまい申し訳ありませんが、それだけ塗装業界では優良業者さんを選ぶことが絶対なんです。

3番目:塗料選び

塗料の種類によって耐久年数(効果が期待できる年数)が違うため、7年以上保つものもあれば、15年も保てる塗料もあります。

耐久年数が長い塗料を選ぶことで塗り替え回数を減らし、将来的な家のメンテナンス費用を抑えることも可能。

また、暑さを防いでくれる遮熱・断熱の効果をつけたい、他には防食性の強い塗料などもあり、どんな効果をつけたいのかにもよって選ぶ塗料が変わります。

塗装をするために、あなたの希望が叶えられる塗料を選ぶことが大事です。

屋根と外壁で使われる塗料には系統がある?

屋根と外壁を同時に塗装するのであれば、屋根と外壁に対してそれぞれ使う塗料を決める必要があります。

下記表のグレードとは、塗料の品質ランクになるので、グレードが高くなれば高くなるほど、金額も上がっていきます。

また、費用に関しては、約30坪ほどのお家の屋根と外壁を、同時に塗装した場合の参考相場となっています。

塗料の違いで10万円以上も差が出てくるので、塗装工事において塗料選びも金額を左右するポイントだと覚えてもらいたいです。

グレード塗料費用相場(屋根・外壁の同時塗装)
グレード1アクリル系70万~
グレード2ウレタン系80万~
グレード3シリコン系90万~
グレード4ラジカル系95万~
グレード5フッ素系100万~
グレード6無機系110万~
 

「いきなりどんな塗料を選べばいいのかなんて分からないよ…。」こういったお気持ちが正直なところだと思います。

そのため、塗装工事が初めてのあなたであっても、どんな塗料を選べばいいのかシミュレーションできるので、塗料選びに迷った場合は、「あなたにピッタリ合う塗料選びシミュレーション」をご活用頂けると嬉しいです。

実際に、屋根と外壁を同時に塗装した場合、どんなことが行われる?

屋根と外壁の同時塗装では実際にどんなことが行われるのか、塗装の工程を順を追って見ていきたいと思います。

悪徳業者の場合は、基本の工程(ルール)を完全に無視して、よりお金(人件費・材料費など)が掛からない方法で塗装しようします。

あなた自身で、きちんと工程を知っておけば防げることもあるので、ぜひ覚えてもらいたいです。

工程1:屋根と外壁の劣化状態を調べる(現場調査)

あなたのお家の屋根材の割れ・汚れ具合などの確認、外壁のヒビ割れや以前どんな塗装が行われているのかも確認します。

悪徳業者の場合は数分、5~10分前後しか確認してくれませんが、優良業者さんであれば、屋根と外壁を一緒に見るため、30分~1時間はじっくり見てくれるはず。

そして、きちんと調査した上で、あなたに「調査報告書」とそれに基づいた塗装プランの「見積もり」を提出します。

ポイント!きちんと調査が行われなかったことによって、劣化症状の見逃しなども起き、追加工事にも発展する場合も。最初からじっくりと調査をしてくれる業者を選びましょう。

工程2:塗装を行うために欠かせない足場の設置

鉄パイプなどで組まれる足場ですが、なぜ必要なのか知らない方も多いです。

安定した足場があるからこそ、綺麗な塗装が可能になる。

例えば、足元がグラグラして踏ん張りが効かない場所では立つのすら難しく、そんな状況下では精密な塗り替えが行えません。

足場が、キレイな塗装をするための必需品であるため、必要なものだと覚えてもらいたいです。

ポイント!悪徳業者は「足場代を無料にします」「近所で工事しており、そこから移動するだけだから足場代掛からない」とあなたを騙そうとしてくる場合もあるので、気を付けましょう!

工程3:塗装の前の洗浄

塗装をする前に、屋根と外壁を高圧洗浄やバイオ洗浄と呼ばれるキレイにする作業を行います。

キレイにする理由は塗装面を綺麗にして、塗料の密着度を高めるため。

また、以前に塗装されている塗料を剥がす目的もあるので、洗浄は重要な工程の一つです。

ポイント!強い水圧で洗浄を行うため、強度の弱い屋根材は割れてしまう場合も。また、洗浄後は十分に乾燥させないと、塗装の質が落ちるので洗浄後の乾燥も大事です。

工程4:周りを汚さないための養生

塗料は一度ついたらなかなか落ちません。

そのため、塗装面以外に塗料がついてはいけない車や植木など、あなたの大切にしているものを保護シートでカバーします。

洗浄では汚れが飛び散る場合もあり、洗浄時に保護シートを被せる場合もあります。

ポイント!塗装で多いクレームの1つに、塗料がお隣さんの家や車、または通行人についてしまってトラブルが発生する場合があります。養生の丁寧さが無用なトラブルを防ぐので、優良業者さんへお願いするのがオススメです。

工程5:下地処理

最初の調査をしていた際に発見した、屋根と外壁に見られる劣化症状を補修します。

例えば、ヒビ割れを埋める・割れた屋根材の取り替え・金属部分のサビ取りなどを行い、塗装面を綺麗にします。

劣化症状をそのままにして塗装を行ってしまうと、劣化している部分から塗装が剥げてしまうことになるので、下地処理は大切な工程です。

ポイント!下地処理が丁寧に行われてないと、剥がれる原因となります。細かい部分ですが、こういった細かい作業も手を抜かずに行ってくれる業者さんを選んでほしいです。

工程6:塗装の開始

塗装は下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りが基本となります。

下塗り専用の塗料、中塗り・上塗り専用の塗料と、それぞれ塗る塗料も違う。

流れとしては、仕上げ用の中塗り・上塗り塗料を密着させるため、一番最初に下塗り塗料を塗ります。

下塗り塗料が十分に乾いた後、中塗り・上塗りで塗装の仕上げを行います。

塗料が塗られると塗膜(とまくと呼ばれる塗装の層)が作られますが、三層の塗膜があることで、長持ちの塗装にすることができるんです。

ポイント!中塗りと上塗りでは同じ塗料が使われますが、同じ色で塗り替えられる場合は塗り残しが発生する可能性もあります。 塗り残しが不安な方は、業者さんに頼めば中塗りと上塗りで少しだけ違う色を使って塗装してもらえます。

工程7:塗装の確認・直し

塗装が一旦完了した後は、あなたと業者さんが一緒になって、全体をチェック。

塗装の確認をお客様と一緒にしない業者もいます。

塗装が完全に終わった後だと、直してくれない場合もあるので、十分注意しておきましょう。

必ず、あなたと業者さんが一緒に見て回る時間を作ってほしいです。

ポイント!一緒に確認せずに、足場を解体をしてしまった場合は、塗装漏れが発覚しても、直しができません。 また、再度足場を組む必要も出てくるので、足場代が別途10万円〜とかかってしまうこともあり、必ず一緒に塗装面を確認することを覚えておいてもらいたいです。

工程8:足場の解体・片付け

最後に足場を解体して、養生のために付けたマスキングテープ・保護シート等を外して完了です。

塗装工事を行うと、ゴミが大量にでたりするので、最後までしっかりと清掃をしてくれる業者さんを選んでもらえるといいかと思います。

おまけ:屋根と外壁を同時に塗装した場合の日数はどれくらい?

屋根と外壁の塗装を行った場合、1~2週間前後はかかります。

このように時間がかかるのも、洗浄や塗装をした後は必ず乾燥をさせる時間を0.5〜1日間とる必要があるからです。

万が一、十分な乾燥をせずにそのまま作業を行ってしまうと、塗装が剥がれる原因になるので注意しなければいけません。

ポイント!雨が降った時、また気温が5度以下か湿度が85%を超える場合は、塗料が乾燥しないので塗装は行えません。 これらの場合でも強行して塗装をしようとする業者も多いので、注意が必要です。

屋根と外壁を同時に塗装した場合の流れと期間を見て頂きましたが、ちょっと駆け足だったので、「見てきたけど分からないよ…。」という印象かもしれません。

このページでは、同時に塗装する流れを見て頂きましたが、「屋根」「外壁」別で、もっと詳しい流れを知りたい方は、以下の各ページで確認頂けると嬉しいです。

より詳しい工程に関しては以下のページにてご確認ください。
外壁塗装:外壁塗装の工程と期間
屋根塗装:屋根塗装の工程と期間

屋根と外壁の同時塗装は、誰に依頼すればいいの?

屋根と外壁の同時塗装を仕事にしている人たちは世の中たくさんいますが、塗装を依頼する際に気をつけなければいけないことがあります。

気をつけるポイントを3つに分けて見てもらいたいと思います。

ポイント1:大手業者には依頼しない

ハウスメーカーなど大手業者に依頼をすれば安心かもしれませんが、会社が大きいからこそ余計な費用がかかっている場合があるんです。

費用が高くなる原因としては、大手業者自身が塗装をする訳ではなく、高い確率で下請け・孫請けの塗装業者が塗装を行うからです。

その場合、

  • 中間マージンで費用が高くなる
  • 施工不良があった場合、大手と下請けで責任の所在が不明瞭になる

大手なので安心といった印象があるかもしれませんが、本当に塗装してくれる人は誰なの?と確認してほしいです。

せっかく同時塗装を選び、費用が安くなる方向で進めようとしてくれているのに、中間マージンなどの影響で、結果的に高くなる場合もあるため、大手業者もいいですが地元密着の優良業者も視野にいれてほしいと思います。

ポイント2:訪問業者には依頼しない

突然あなたのお家にやってくる、訪問販売で屋根・外壁の無料調査をしてくる業者には気を付けてください。

この場合は、営業に力を入れている利益重視の塗装業者のため、塗装の質が悪かったり安い下請けに塗装をさせることが多いです。

また、中には悪徳な業者もいて「今すぐにやらないと危険!」「50万円も値引きしますよ!」「今なら足場代を無料します!」こういったお金に関しての魅力的な言葉を使って、契約を急がせてくる場合も。

訪問販売の場合は、相場よりも高い金額で塗装を行うことも多く、気をつけなければあなた自身が損をします。

本当に悪徳業者なんかいるの?と思われたかもしれないので、公開している悪徳業者の被害事例をぜひ見てほしいと思います。

ポイント3:屋根と外壁両方の塗装が得意なところに依頼する

屋根と外壁の塗装をするのだから、両方が得意な塗装業者に依頼するのは当たり前だと思われますが、実際にこれができている方は少ないです。

屋根塗装業者も外壁塗装業者も塗装のプロではありますが、屋根と外壁では構造も塗装面の材質も違うので、それぞれ専門的な知識が必要不可欠。

塗装だから一緒と思い込み、屋根塗装業者が知識もなしにそのまま外壁の塗装を行ったりこの逆もあり得ます。

必ず屋根と外壁の両方の専門的な知識を持つ塗装業者に塗装は依頼しましょう。

結局、どんな業者に依頼すれば安くなるの?

屋根と外壁を同時に塗装して費用を安くするには、私としては地域に密着した地元の業者さんをオススメしたいと思っています。

地元の業者であれば、少数精鋭で自社だけで塗装を行っていることで、以下のメリットがあります。

  • 中間マージンが発生しない
  • 自社施工で責任を持って対応をしてくれる
  • 何かあったらすぐに駆けつけてくれる距離
  • 地元で悪い評判があった場合は仕事を続けられていない

これらの理由から、私たちでは地域密着の塗装業者さんをオススメしています。

最後に。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

屋根と外壁の同時塗装についてまとめてきましたが、分かりづらいところやもっと知りたい情報はありましたか?
どんな小さなことからでも無料相談ができるので、お気軽に以下の外壁塗装に関するご相談フォームにてご連絡くださいね。

あなたにとって、塗装工事に関する安心・納得の情報になれれば嬉しいです。

あなたにお願いがあります…。

私達は今まで1万人以上(2019年11月25日時点の数値)の方からご相談を頂いており、中には「金額の安さだけ」「値引き額の高さ」で選んだ業者によって、悲しい想いをされている方を多く見てきました。

たしかに、屋根と外壁を同時に塗装することで、費用を抑えることは出来るのですが、それも選んだ業者さんの方針・技量次第だということを覚えてもらいたいです。

あなたと塗装業者さんの間には、初めから大きな知識量の差が存在しているため、その差を利用して悪いことを考える方も中にはいます。

大切なお家とお金を無駄にしないため、せめて1社だけでなく2~3社の、優良業者さんのみからお見積りをとって、あなたにピッタリな業者さん選びをしてもらいたい。

無料の相談、業者さん選びでもお力になれることはありますので、1つでも不安を持たれている場合は、ご連絡を頂けると嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)