• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(24時間受付中)

01201649170120-164-917

悪徳業者の手口・特徴を知る!外壁塗装で騙されるのを防ぐために。

外壁塗装で発生している悪徳業者の被害、その手口と特徴を事前に知っておくことで、あなたも騙されなくなります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが)

「あれ……私って騙されてる?」

このように気づければいいですが、外壁塗装の悪徳業者は、あなたに気づかせないまま、契約をして工事も終わらせてしまいます。

あなたが騙されたことに気づくのは、塗装されてから数年後。

被害が目で確認できるようになって、その時初めて手抜き・施工不良だらけだったことに気づき、後悔や悔しい気持ちでいっぱいに…。

塗装のやり直しや、雨漏りの発生で、さらにリフォーム費用がかかったとしても、その時には以前塗装を頼んだ業者は、雲隠れしてしまっている場合もあります。

最初から、全国で頻発している悪徳業者の手口を知っておけば、騙されることを防げますので、私と一緒に必要な情報を見てもらえると嬉しいです。

悪徳業者の被害、全国に拡大しています!

悪徳業者の手口・特徴を知る!外壁塗装で騙されるのを防ぐために。

外壁塗装の悪徳業者は、お客様を騙すことに長けています。

絶対に引っかからないと言える方は誰一人おらず、あなたも手口を知らなければ、騙されてしまう可能性がある。

私たちは、累計1万人以上(2019年11月25日時点)の方から、お家のリフォーム相談を頂いていますが、その中には悪徳業者の被害相談も多くあります。

国民生活センターでも、訪問販売によるリフォーム工事の相談7,217件(2018年度)、点検商法の相談5,680件(2018年度)があり、合計すると12,766件。※ 参考:訪問販売によるリフォーム工事・点検商法

1日に換算すると34~35件もの相談が入っていることになりますが、私たちなど第三者機関への相談件数も含めれば、何十倍もの被害報告が毎日のように上がっている状態です。

もしかしたら、1日100人以上の方が、被害相談をしている可能性もあり、まだ被害に気づいていない人を含めると、とんでもない数に…。

各地域でも注意喚起・被害報告が出ています。

横浜市大阪市名古屋市札幌市福岡市
川崎市神戸市京都市さいたま市広島市
仙台市千葉市北九州市世田谷区堺市
新潟市浜松市練馬区大田区熊本市
相模原市岡山市江戸川区静岡市足立区
船橋市鹿児島市川口市杉並区板橋区
八王子市姫路市宇都宮市江東区松山市
市川市東大阪市松戸市西宮市大分市
倉敷市金沢市福山市葛飾区尼崎市
藤沢市町田市柏市豊田市高松市
※ この他の市区町村でも、同様の注意喚起や被害報告が上がっています。

誰もが自分事として気を付けるべき問題なんです。

早くあなたにも悪徳業者の手口を知ってもらいたいですが、まずは被害にあう可能性が、あなたにもあることをに気づいて頂きたい…。

悪徳業者で工事をしてしまった後では、私たちでもお力になることができません。
何もしてあげられず、何度も悔しい思いもしてきました…。

悪徳業者が身近にいることを知って頂き、外壁塗装の業者選びは慎重に行ってもらいたいと思っています。

これ以上、被害に遭う方が増えないために、私の願いも込めて、悪徳業者の手口の一覧を分かりやすいように書かせてもらいました。

あなたに見て頂けると嬉しいです。

外壁塗装で使われる悪徳業者の手口一覧

悪徳業者の手口は、訪問販売・特別感・お金の3つが大きく関わっています。

“訪問販売”と言ってしまうと、訪問販売を行っている全ての方が「悪」と思えてしまうかもしれませんが、一部の自社優先・利益優先の業者が悪いだけ。

お家がそもそも少ない地域や、優良業者さんが少ない地域では、お客様と塗装業者さんとの繋がりがないため、お客様への強い想いを持って、訪問販売のやり方を取っている方もいます。

訪問販売=悪いという認識は持ってもらいたくないのですが、現実的に訪問販売での被害がとても多いので、どのような訪問販売がダメなのか、このあとの手口一覧で詳しく見てもらいたいです。

手口1:訪問販売

訪問販売をしている全ての方が「悪」ではないですが、先ほど見ていただいた注意喚起・被害事例が出ている各市区町村の中でも、特に訪問販売に言及していることが多いです。

全ての事例が外壁塗装に関連することではないですが、訪問販売を行っている方の中には、騙そうとして突然訪問してくる事が多いという事実でもあります。

どの業界でも、訪問販売の危険性が叫ばれている中、「外壁塗装は大丈夫」とはなりません。

外壁塗装などリフォーム業界でも、訪問販売で契約することの危険性は高いため、突然あなたのお家にやってきた業者は信用しない、この意識が大事です。

訪問販売を悪用する悪徳業者の最初の手口とは?

  • 突然家にやってくる
  • 無料点検をさせてもらいたい
  • 近所で工事をしていて「お宅の外壁が気になった」からとやってくる
  • この地域を担当して見回っている
  • 大雨・台風・強風・地震などの災害に便乗

あなたが頼んでもいないのに、突然家にやってくることが多いです。

お客様の中に「ちょっと外壁の剥がれや汚れが気になっていた」と、良いタイミングだと考え、そのまま契約してしまう方もいますが、絶対にしてはいけません。

深く考えず契約してしまうことで、結果的にさらなる修繕費用がかかったり、業者とのトラブルが発生する可能性を高くします。

突然やってきた後、訪問販売の悪徳業者がとる行動とは?

  • とにかく「無料点検」ができることを強く勧めてくる
  • とにかくしゃべって、あなたが話す隙を与えない
  • 火災保険で「無料」で直せることを強く勧めてくる(自己負担なしを強調)
  • 10万円以上の大幅値下げを見せて契約させようとする
  • 断ったのになかなか帰らない(その場に居座るなど)
  • 「仮契約」を結ぼうとする(書類に記入させる、ハンコを押させるなど)
  • 「契約したい」と泣きついてくる
  • その場でカンタンな修理をしようとしてくる(恩を売らせるため)

お客様から頂いたご相談の中には、契約を断っていたら「突然怒鳴り散らされた」このような怖い思いをされた方もいます。

最初は、優しそうで色々話も聞いてくれて、いい人だな~と思っていたのに、突然態度を変えてくる場合も。

訪問販売で外壁塗装を売りにやってくる人の場合、その多くがインセンティブと呼ばれる、契約がとれた数に応じて、自分たちの給料が高くなっていく仕組みの会社(塗装の営業会社など)に所属しています。※ 会社には所属せず、個人営業として活動し、実際の塗装は別会社に任せることもある。

上記の、訪問販売員がとる行動の特徴を覚えて頂くと、あなたが騙される確率を低くすることもできます。

優良な業者さんも訪問販売を行うことはありますが、「無料点検」を強く勧めてきたり、絶対に受け取れるかも分からない「火災保険の保険金が使える」とアピールし、先に契約を求めてくる場合は注意をしましょう。

手口2:キャンペーン

キャンペーンそのものは悪くありませんが、キャンペーンを悪用する塗装業者が一部存在しています。

例えば「今なら外壁塗装がモニター価格で安くなります!」このような形で売り込みを行い、結果として支払い金額が高くなってしまったり、業者とのトラブルが発生してしまう場合もある。

これらは、市区町村のサイトを見てもらうと悪質商法という形で、注意喚起が行われているものです。

具体的に悪用されるキャンペーン内容

  • この地域のモデルケース(モニター)になってもらえれば安くします!
  • ホームページへ施工後の写真を掲載させてもらえれば安くします!
  • チラシ限定キャンペーン!
  • webからの問い合わせで〇%割引!
  • 創業〇〇周年記念の大特価キャンペーン!

実際にお客様から聞いたお話しの中では、平成から令和に変わるタイミングにて、「平成最後の大出血サービス」なるキャンペーンで、大幅値引きをしているケースを教えてもらったことがあります。

しかし、モニターなどを除いて、創業〇〇周年記念・web問い合わせ限定・ホームページへの事例掲載などは、優良業者さんでも行っていることでもあるので、キャンペーン全てが悪いわけではありません。

一番問題なのが、キャンペーンを使って、すぐに契約を結ばせようとしてくること。

危険性の高いキャンペーンの特徴

  • 期限は決められているが、即日・3日間・1週間など短すぎる
  • キャンペーンが終わるのが早いので意思決定を急かしてくる
  • 即決してくれればキャンペーンを適用すると言ってくる
  • 施工技術や信頼性ではなくキャンペーンといった値下げの部分のみ強くアピールしてくる
  • キャンペーンで下がる金額が高すぎる(10万円以上)

キャンペーンの多くは、期限が決められていますが、期限があるからこそ特別感が生まれ、契約へ誘い込まれてしまいます。※ キャンペーンで期限が設定されていない場合は、そもそも何のキャンペーンなのか信用できません。

あなたにとって不利な状況を作られ、逆に塗装業者に有利な状況が作られてしまうと、冷静な判断もできなくなる。

また、キャンペーンを適用したからといっても、数万円安くなっただけで、結果的に手抜きや施工不良が起きて、その何倍もの修繕費がかかることだってあります。

キャンペーンのみで塗装業者さんを選ぶのではなく、しっかりと冷静に信用性や相性を判断して、選んでもらいたいです。

手口3:大幅値下げ

外壁塗装の業界では、毎日のように値下げ合戦が繰り広げられています。

「本当は200万円なんですが、今回は特別に100万円でご提供します!」
「今、ご契約を決めて頂ければ30万円値下げしますが、いかがですか?」
「工事内容そのままで、お客様だけに50万値下げのキャンペーン付けます!」

これらの値下げ、その全てが悪徳業者の手口。

外壁塗装に関わらず、どの業界でも値下げは一般的なものですが、外壁塗装においては値下げの意味が大きくかわってくるんです。

大幅値下げがされた場合はどうなるの?

例えば、100万円の工事が必要だった場合、この金額から30万も40万も値下げをしたら、どうでしょうか。

あなた:金額下がって嬉しいな!
業者 :下げたのはいいけど、どう帳尻を合わせようか…。

これが両者で思っていることの違いです。

そもそも、お家の塗装で必要な金額が100万円だったのに、適切な工事をするための金額から、さらに減らした場合は、減らした分の工事内容はどうすればいいのか。

  • 塗料の品質を下げる
  • 塗り回数を減らす
  • 作業を短くして人件費を浮かせる

あなたが知らない間に、本来行われるはずだった工事の品質が、大きく下がっている場合も考えられます。

特に塗装工事は、工事内容の特殊性から、知識がない方が見たとしても、きちんと注文通りの工事をしてもらえているか、判断することはできません。

大幅値下げができたのであれば、なぜ最初からその金額で提示してくれなかったの?

200万円から一気に100万円の値下げをした場合、金額が安くなるので、嬉しいかもしれませんが、ちょっと深く考えてみてほしいです。

なぜ、一気に100万円も下げることができたのか。

  • そもそも、正しい金額ではなかったのではないか?
  • 最初から値下げをした金額で、なぜ提示してくれなかったのか?

このような状況だと、値下げのお得感をあなたに見せるためだけに、最初の金額を不正に高くしていたと思うしかありませんよね…。

値下げの限度額としては10万円以内、これでも多いくらいなので、消費税分や気持ち程度の値下げが限度だと、覚えて頂けると嬉しいです。

手口4:オリジナル塗料

外壁塗装で使われる塗料には、たくさんの種類が存在しています。

その中でも優良業者さんが使っている塗料は、信頼性の高いメーカー製造の塗料。

なぜ、メーカー製造の塗料のお話をしたかと言うと、実は塗料開発・製造ができない業者さんでも、自分たちの塗料が作れるんです。

自分たちの塗料を作れはするのですがメーカー品とは大きく違い、

メーカー塗料 :塗料そのものを開発・製造している
オリジナル塗料:メーカー品の塗料に独自の成分を足している

オリジナル塗料の多くは、OEMと呼ばれる既存塗料を活用した塗料開発となっており、品質もあまり保証できない場合が多いです。※ 正規の塗料に対して混ぜ物をしているため、効果が薄れる場合もあります。

「オリジナル塗料だったら、全部悪いの?」

このようなお話ではないのですが、自社オリジナル塗料という形で、お客様に対して付加価値を見せて、高額で売り付ける手口が後を絶ちません。

メーカー品が塗料缶1つで10万円だったとすれば、悪徳業者は自社オリジナル塗料として50万60万と、通常では考えられないような値段を付ける場合があります。

塗料だけでも値段を高くしているのに、そこに職人さんの人件費も加えられたら、一般的な外壁塗装の相場よりも高くなる。

こういった手口を使って、不正に金額をだまし取っている場合もあるので、自社オリジナル塗料に関しては注意をしてもらいたいです。

手口5:詳細が分からない見積もり

外壁塗装の見積もりとは、単純に見積書を作って、工事の金額を伝えるためだけのものではありません。

見積もりの中には、建物を調査して状況を確認する、どういった工事プランにするか、仕入れや人員配置はどうするか、この過程があって初めて見積書が作られます。

見積もりには一連の流れがあり、時間がかかるため、時間をかければかけるほどコストが高くなり、時間をかけなければコストを抑えられる。

ここで優良業者さんと悪徳業者で差が出るんです。

優良業者:お客様のために時間はかかるけど最適な工事プランを作り細かい見積書
悪徳業者:金額の値下げだけで押し切るため「一式」など詳細が分からない見積書

見分け方としては、詳細が分かるか分からないか。

外壁塗装の料金は安くない!だからこそ、それなりの見積書になるのが当たり前。」という記事でも書かせてもらっているのですが、優良業者さんと悪徳業者の見積書は、一目見ただけで判別できる場合があります。

現在は巧妙になってきているので、見分けが付きづらい場合もあるのですが、見積もりの内容で悪徳業者を判別できることには変わりありません。

もし、見積もり(見積書)の良し悪しが判断できなければ、私たちでは見積書の診断も行っているので、お気軽にご相談くださいね。

手口6:高額費用の前払い

もうこのような事例はないと思うのですが…確実に悪徳業者だと言える手口が存在しています。

それが、高額費用の全額前払い。

外壁塗装は、約30坪で100万円前後かかるので、大きなお買い物ですよね。※ 一般的なお家であれば、100万円前後が外壁塗装の費用相場となります。

大きなお金になるので、すぐに出すことは難しいのですが、そもそも外壁塗装は工事が終わったあとに全額、もしくは工事前と工事後の2分割して払うのが多いです。工事のお支払いを分けるのは、事前の仕入れなどが発生するためです。

優良業者さんもこのような方法で設定していることが多い。

そんな中、100万円ものお金を、工事が終わる前に全額払うことはありえません。

あなたがお支払いするお金は、工事をきちんと行ってくれた、業者さんに対しての対価として。

それを工事が終わる前に払うのはおかしなことだと思います。

このような事例、実はひと昔前までは存在していたようなので、念のためあなたにも覚えてもらいたいと思い、見ていただきました。

小さな修理など、少額の修繕であれば別ですが、外壁塗装など大きな全額の前払いを求めてきた場合、悪徳業者と判断し、絶対に契約してはいけません。

あの業者、本当は悪徳業者だった!?工事が終わってから気づく特徴

悪徳業者の手口を知らず、そのまま契約して工事まで終わってしまった場合、工事が終わって数年後になって初めて「あれ……この塗装工事、手抜きだらけじゃない!?」と気づく場合があります。

手抜き・施工不良が起きる悪徳業者に頼んでしまった場合、どんなことが起こるのか、あなたにも覚えてもらいたいです。

  • 数年で塗装が剥がれてきた
  • 塗りムラが多い(まだら模様になっているなど)
  • 細かい部分の塗装ができていない
  • シーリング部分に隙間がある
  • 塗装部分以外にたくさん塗料が飛び散っている
  • 塗装後に雨漏りが発生した
  • 塗装中の近隣への配慮が欠けており、今でもご近所さんとの仲が険悪のまま

その他、塗装の職人さんが若いヤンチャそうな茶髪の方ばかり、または塗装後のゴミをそのまま放置して帰っていた場合も、悪徳業者であった可能性は高いです。

塗装中はあまり分からなかったものが、塗装後になって色々発覚する場合も。

悪徳業者に頼んでしまった場合の多くは、改めて修繕費用がかかるのと、あなただけでなくご家族へのストレス増大にも繋がり、思い描いていた安心の普通の生活ができなくなります。

そのため、手口・特徴をしっかりと覚えて頂いて、あなたの業者さん選びに活かしてもらえると嬉しいです。

最後に…。

悪徳業者の手口・特徴について見て頂きましたが、あなたの抱える悩みや不安が少しでも解決に向かえば嬉しいです。

これからもご家族と安心して暮らすために、外壁塗装をしたいと思っても、適正な施工をしてもらえるかどうか不安ですよね…。
私たちは、どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

外壁塗装でお悩み中のあなたへ

お家の外壁塗装は、不安でいっぱいになると思います。

お金や時間がかかるなら、安心できる業者に任せたいですよね…。

私たち外壁塗装コンシェルジュは、建物のことで不安・悩みを抱えている方のご相談・アドバイスから、もしご希望を頂いた場合は地元密着の優良業者さんのご紹介も行っております。

ご相談もご紹介も無料なので、累計1万人以上(2019年11月25日時点)の方々からご連絡を頂いているため、もしお悩み・ご不安が1つでもあれば、お気軽にご相談頂けると嬉しいです。

不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日24時間受付

【漫画】はじめての外壁塗装

業界的に悪徳業者が多いため、「塗装工事に失敗したくない人だけ」を読んでほしいと思っています。また、塗装工事が初めての場合は簡単で分かりやすい知識から学んでみましょう。外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー:糸嶺(いとみね)