• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

【外壁塗装】予算を1/3減らしても適正工事ができる方法

  • 費用(36)

家計の負担を減らして、あなたの普段の生活に影響が無いようにするための、外壁塗装の方法が分かります。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが)

外壁の塗り替え工事を考えてはいる、だけど一番の問題はお金の事…。

お子様の教育費や、普段の仕事も忙しい、車の維持費や保険料もかかっている、今の生活で精一杯だと「外壁塗装でメンテナンスしておかないと、将来的に住めなくなるよ?」と言われても、そんな先のことより、目の前の生活ですよね。

お金は掛けたくないけど、大切なお家はあなたの資産でもあるので、数千万円の高い金額で買った家が、たった20~30年で住めなくなったら、これはあなたが望んでいる幸せな将来ではないはずです。

2013年から外壁塗装に関わり、1万人以上のお客様からのご相談、そして600社以上の塗装業者さんを見てきた私たちが、予算を1/3減らしても適切な塗装工事ができる方法をお伝えしたいと思います。

少しでも家計の負担を減らしたいあなたに見てもらえると嬉しいです。

「外壁塗装を安くしたい」と思うのは、当たり前のこと。

【外壁塗装】予算を1/3減らしても適正工事ができる方法

外壁を塗料で塗り替える工事は、どんなに会社で偉い立場の人でも、人気の歌手でも、ご近所の方だって、生涯何度も経験するものではありません。

みんながみんな初めましての状態であり、あなたがお家を購入したタイミングにもよりますが、将来的にも2~3回ほどしか経験しないのが一般的。

築10年ごとが塗装の目安ですが、外壁塗装のタイミングである10年は、外装(外壁や屋根などの外回り)だけでなく、あなたが普段目にするキッチン・お風呂・トイレ・壁紙なども劣化しているので、内装のリフォームが先に行われることが多いです。

トレイを変えるだけでも、業者さんに頼めば10~30万はかかり、さらに内装全体を修繕した場合は数百万円かかる。

外壁塗装は約30坪一戸建ての相場が100万円前後なので、内装のリフォームと同じくらいのお金も出ていってしまう。

普段の生活、各種払っている保険、さらに住宅ローンなども含めると、外壁塗装にお金を回せる余裕なんて、ほんとは無いですよね。

しかし、将来的にも、あなたが今住まれているお家を「住み続けられる状態」にするには、内装も大事ですが雨水を侵入させないための、外壁塗装が重要なんです。

だからこそあなたには、外壁塗装を適正な範囲で安くできる方法を、身に付けてもらいたいと思っています。

この記事のタイトルでは、予算を1/3減らしても適正な工事ができるとしていますが、お伝えする方法を活用できれば、100万を60~70万にすることも可能。

少しでも安く、そして家計の負担を減らして、普段の生活に影響が無いようにするための方法を、私と一緒に見ていければ嬉しいです。

外壁塗装の金額的負担を減らすことは可能

金額が高いと感じる外壁塗装の工事、実は方法さえ知ればちゃんと安くできます。

こう言ってしまうと「安くできるの?それなら10万とか20万とかで?」と言われてしまいそうですが…(汗) 外せない工事分の費用はあるので、私がお伝えできる方法では不正や手抜きが起こりやすい激安にはできません。

激安を期待されていた場合は、すみません…。激安の外壁塗装ではトラブルも多く、たくさんのご相談を頂いてきましたが、結果的に消費者センターを案内することしかできないため、激安の外壁塗装だけは絶対にオススメしないです。

もし、激安など悪徳業者の手口や事例が見たい場合は、手抜き工事の事例を見てもらえると、その酷さを知ってもらえるかと思います。

私がお伝えできる方法では激安にできませんが、業者さんの不正や手抜きは発生せず、尚且つ、あなたにとっても考えていた予算よりも安くすることは可能。

安くするために、あなたにもしてもらう事はありますが、少しの手間だけなので、ぜひ覚えてもらえると嬉しいです。

また、単純に今回外壁塗装でかかる金額的負担を安くするだけでなく、将来的に発生する負担も抑えることで、叶えられる安さ。

その安さをもう少し分解してみると、

  • 今回分の金額的安さ
  • 時間的コストの安さ
  • 将来的な金額的安さ

この3つになり、それぞれが外壁塗装の金額負担を減らすことに繋がっています。

あなたが考えている予算以下でも、適切な工事をするための考え方なので、覚えてもらえると嬉しいです。

今回分の金額的安さ

あなたが今回行おうとしている外壁塗装、予算はいくらで考えていますか?

60万円?100万円?150万円?どれも、外壁塗装を行うには必要な金額ですが、まず相場をお伝えすると約30坪の一戸建て外壁のみだと60~90万円、屋根も合わせると60~120万となります。

外壁塗装は100万円前後と考えると分かりやすいかもしれません。

相場が分かったとしても、100万円を払うためには、40代の手取りを平均30万円で考えると3~4か月分となり、蓄えがしっかりないと、払うのに勇気がいりますよね。※ 手取りの参考金額:賃金構造基本統計調査 / 平成30年賃金構造基本統計調査 一般労働者 都道府県別

ローンなどで分割して払うこともできますが、結果的に100万円分が貯金から出ていくのは、耐え難いものがあります。

そこで、少しでも今回の外壁塗装で払う金額的負担を減らすため、塗装業者さんとの見積調整をしっかり行ってほしいと思っています。

見積調整がなぜ、金額的な安さを実現できるのか、もう少し詳しく見てみましょう。※ コストを抑えたい場合は、絶対に必要な情報です。

塗装業者さんとの見積調整で、なぜ安くなる?

お弁当や化粧品を買ったり、生活用品など少額なものでは必要ありませんが、リフォームに限らず結婚式、車の購入、会社で外注先を決める場合など、様々なところで見積もり(見積書)のやりとりが行われています。

外壁塗装も金額が高いので、もちろん見積もりが必要なのですが、受け取った見積もり(見積書)そのままで契約しなくてはいけないと思っていませんか?

実は、安くするためには見積もりを受け取ってからが勝負。

塗装業者さんが出してくれた見積もりは、塗装業者さんがあなたのためを思って作ってくれた工事プランです。

事前にあなたの要望を聞いて作ってくれてはいますが、あなたと塗装業者さん側で認識のズレが起こっている場合もあります。

▼希望塗料のズレ

あなた :10年保てればいいからシリコン塗料ラジカル塗料でOK
塗装業者:長持ちさせたいと言っていたから15年ほどのフッ素塗料かな?

▼希望範囲のズレ

あなた :玄関は古いままで大丈夫
塗装業者:玄関が古くなっているから塗装が必要かな?

電話や現地調査の際に話した塗装業者さんとの会話で、すべてあなたの想いや考えが伝わり、それを塗装業者さん側でも汲み取って、見積もりが作られていれば問題ありませんが、お互い初めましての状態だと、完全に意思疎通するのは難しいです。

優良業者さんであれば、言った言わないを防ぐために、あなたが言ったことを全てメモしたり、記録として残すようにしてくれますが、ここまで細かい塗装業者さんも、そう多くありません。

見積もりを出してもらった時点で、認識のズレが起こっていると考え、ここからさらにあなた本来の希望に合うよう調整していくのが、安くするコツ。

  • 期間はどのくらい保たせればいい?
  • 建材はそのメーカーしか使えない?
  • メンテナンスしなくてもいい場所はどこ?
  • 塗装のタイミングはいつ?

「それって本当に必要なの?」を繰り返していくと、過剰になってしまっている工事内容を、あなたと塗装業者さんの両方で気付くことができ、それを取り除くだけで金額は安くできます。

塗装業者さんが過剰な工事内容を入れていたからといって「この業者は悪徳業者だ!」とは言えません。※ 正直なところ、塗装業者さんは少しでも工事単価を上げたい気持ちはあると思いますが…。

あなたにとってお家は、一生ものでずっと付き合っていく必要があるため、それを理解している塗装業者さんは、塗装が長持ちするよう色々なことを考え、過剰な工事内容が入ってしまう事はあります。

そもそも悪徳業者に見積もりを頼んでしまったら、不正・手抜き前提の安さになるので注意が必要。

しかし、優良業者さんに頼めば適切な工事をするための適正な費用にすることができるので、正しい安さを実現するには優良業者さんに最初から頼む必要があることは覚えてもらいたいです。

見積もりは出してもらってからが勝負!塗装業者さんと、認識のズレを解消していき、適正な安さにしていきましょう!

見積もり調整の際、無理な値引き交渉をしてはいけない

外壁塗装は、1度塗ったらその後10年くらいは、状態を保ち続けないといけないため、アフターフォローの関係で塗装業者さんとも長いお付き合いになります。

アフターフォローでは、何かあった時にすぐ来てもらえたり、外壁だけでなく内装など、リフォーム関係の相談先になってくれる場合も。

しかし、無理な値引き交渉をしてしまった場合、どんなに優良な塗装業者さんであっても、あなたとの関係は壊れてしまったり、金額でしかお家のことを考えない人だ、というレッテルを貼られてしまいます。

もしかしたら、地域で唯一の優良業者さんだったのにも関わらず、離れていってしまっては、あなたが求めていた「安心の暮らし」をするための外壁塗装ができなくなる場合だってある。

無理な値引き交渉だけは、絶対にしてはいけません。

時間的コストの安さ

外壁塗装が初めての場合は、今回行う工事金額への意識が強いかもしれませんが、直接金額として表せない時間的なコストもかかっています。

例えば以下のようなケース。※ あなたが1時間使った場合の、時間的コストを2,000円(仮)として計算してみます。

CASE1:外壁塗装を徳業者に頼んでしまい雨漏り発生

1-1. 雨漏りが発生して、新たに業者を探す時間
→1~3日分(48,000~144,000円分)

1-2. 雨漏りの原因を突き止めるための時間
→1~2日分(48,000~96,000円分)※ 立ち合いでの調査が必要なため、時間的な拘束あり。

1-3. 雨漏りを直すための時間
→1~3日分(48,000~144,000円分)

合計144,000~384,000円分、あなたにかかる時間的コスト。※ 時間的コストの他に、雨漏りの発生によって精神的苦痛やストレスを、家族全体で受けることになります。

CASE2:激安の外壁塗装を選んですぐに剥がれた

2-1. すぐ剥がれたので、施工業者に修繕を依頼
→半日~1日分(24,000~48,000円)※ 上記は、すぐに連絡がとれた場合に限る。悪徳業者の場合は繋がらない。

2-2. 剥がれた状況を見に来てもらう
→半日~1日分(24,000~48,000円)※ 立ち合いでの調査が必要なため、時間的な拘束あり。

2-3. 剥がれを修繕
→半日~1日分(24,000~48,000円)

合計72,000~144,000円分が、あなたにかかる時間的コスト。

CASE1もCASE2も、ほんの一例にすぎませんが、両方とも繰り返し発生するものなので、さらに時間的コストがかかる可能性もある。

そうなると、最初の外壁塗装がいくら安くてお買い得だったとしても、その後の時間的拘束や時間使用が増えて、結果的に損をしている方が実は多いです。

外壁塗装が初めての方ほど、この事実を知らない…。
「工事単体の金額さえ安ければ問題なし。」ではなく問題大有り。

安かろう悪かろうは、お家のメンテナンスに対しては絶対に使えない言葉なので、無理な安さは危険だと覚えてもらえると嬉しいです。

無理な安さ=時間的コストの発生として覚えて頂き、時間的コストを下げることが、外壁塗装の金額を下げることにも繋がります。

将来的な金額的安さ

外壁塗装は日用品のように、何度も買い替えるサイクルではなく、10~15年ごとに塗り替えるサイクル

1度の工事費用も100万円前後と高くなるため、普段そんなに大きな買い物をしていなければ、支払うのに勇気がいりますよね。

例えば、ティッシュやトイレットペーパーであれば、買ってみたけど合わない、だからすぐに買い替える。

しかし、外壁塗装は100万円前後するので、今回だめだった、来月塗り直そう、ということができません。

大きな金額がかかることで、その時の外壁塗装の金額ばかりに目がいってしまいますが、最初にお伝えした「10~15年ごとに塗り替えるサイクル」ここに注目してもらいたいです。

外壁塗装の一番の役割は、建物内部に雨水を侵入させないこと。

外壁に塗られている塗装は10~15年前後で効果が薄れてくるため、新たに塗り替える必要があるんです。

塗り替えを繰り返すことが前提となるなら、今回あなたが考えている外壁塗装は1度きりではなく、次の10年後にも改めて外壁塗装することを考えた上で進めなければいけない。

以下のようなケースがあったとします。

項目10年目15年目20年目合計
激安50万100万150万300万
適正100万120万220万

上記は、将来的にかかる外壁塗装の費用を単純化した表ですが、激安の列を見てもらうと、金額が倍々になっているのが分かりますね。

「本当にこんな金額増えるの!?」と思われるかもしれませんが、最初の外壁塗装を不正・手抜きが発生する安さで行ってしまった場合は、以下のようなことが発生。

  • すぐに剥がれて塗り直し
  • 雨漏りが発生して修繕
  • 雨漏りの影響でシロアリ駆除発生

他にもトラブルはありますが、最初に適切な外壁塗装適正な費用で行わなかったがために、その後のメンテナンス費用が高くなっていることを示しています。

また、悪い状態が続けば続くほど、あとになって修繕する範囲が増え、工事費用も増えていく負のスパイラルに…。

安くしようと思えばトコトン安くできますが、将来的にかかる修繕費を抑えられるように、適切な外壁塗装をするのがオススメです。

最後に…。

あなたが考えていた外壁塗装の予算、その1/3分の金額を減らしたとしても、正しく安くできる方法を使えば大丈夫です。

あなたも無理をしない、塗装業者さんにも無理をさせない。

お互いが納得しあえる状態を作れれば、おのずと安くできます。

今回の外壁塗装だけでなく、その後のメンテナンスも考え、総合的にみて予算の1/3は減らせると思います。

外壁塗装の正しい進め方を知って、金額を安くしていきましょう。

外壁塗装の予算を抑える方法について確認頂きましたが、あなたの抱える悩みや不安が少しでも解決に向かえば嬉しいです。

これからも家族と安心して暮らすために、外壁塗装をしたいと思っても、適正な施工をしてもらえるかどうか不安ですよね…。
私たちは、どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

外壁塗装でお悩み中のあなたへ

お家の外壁塗装は、不安でいっぱいになると思います。

お金や時間がかかるなら、安心できる業者に任せたいですよね…。

私たち外壁塗装コンシェルジュは、建物のことで不安・悩みを抱えている方のご相談・アドバイスから、もしご希望を頂いた場合は地元密着の優良業者さんのご紹介も行っております。

ご相談もご紹介も無料なので、累計1万人以上(2019年11月25日時点)の方々からご連絡を頂いているため、もしお悩み・ご不安が1つでもあれば、お気軽にご相談頂けると嬉しいです。

不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中