• 地元密着の優良店さんの募集

【外壁・外装】素材によって違う劣化の症状と塗装時期を知ろう!

  • 更新 | 2016.01.05 公開

外壁(外装)の素材によって違う性質・特徴を知ることが、失敗しない塗装へと繋がります。外壁材別の情報を、以下の表で見ておきましょう。

外壁材(外装材)ごとの塗装時期と特徴

外壁・外装塗装時期の目安特徴
窯業系サイディングボード7~8年セメント質と繊維質をもとに作られた板状の素材。防水機能が弱く塗装に頼っているので、塗り替え時期を間違えると危険。
金属サイディングボード10~15年スチールやアルミニウムなどの金属鋼板のこと。断熱・防火・防カビなどの特徴があり、長く美観を保てる外壁。
樹脂サイディングボード10~20年塩化ビニル樹脂を主な原料にして作られたもの。弾力性・耐久性・断熱性があり、さらに長い間も色落ちがしない外壁。
モルタル8~10年セメント・石灰・砂を混ぜて水で練ったものを塗った外壁。新築時によく使われる素材だが、防水性能が落ちると劣化が進みひび割れを起こす。
ALCボード8~10年コンクリートを軽量化した外壁材。断熱・耐火・耐久性などの特徴があり、マンションなどに多く使われている。しかし防水性が弱い為、塗装時期を逃すと外壁がボロボロになりかねない。
コンクリート壁15~20年セメント・砂・砂利を水でまぜたもの。強度は高いが防水効果がなくなると劣化が進み、塗装時期を逃すと大規模な修繕になることも。
トタン張り10~15年金属製の外壁で「プリント」といわれる木目調の塗装されたものが多い。防水・耐久性もとても優れているが、現在は使われることがほぼ無い。
羽目板3~5年木材を使った外壁。木材の為、乾燥によって素材の収縮が起こり割れやすい。つなぎ目から雨水が入り込むことも多いため、メンテナンスが必須。
タイル10~15年色落ちや劣化が少ない、人気の外壁材。メンテナンスはほとんど必要がなく、年月が経つにつれて味わい深くなっていく。
レンガメンテナンスフリー欧米でよく使われている外壁材、1000年前の建物にもレンガが使用されていて、耐久性はかなりのもの。遮熱・遮音・耐火・耐候など様々な特性がありメンテナンスが不要。
漆喰メンテナンスフリー消石灰・砂・海藻糊・すさと水を練り混ぜたもの。お城や蔵の外壁に使用されている。黒ずみも発生することがあるので、抑えるコーディング剤などが部分的に必要。

外壁材(外装材)ごとに現れる劣化の症状

外壁・外装起きやすい症状
窯業系サイディングボード・シーリングの劣化
・ボードの反り
・チョーキング
・紫外線による褐色
・爆裂(寒冷地)
・凍害(寒冷地)
金属サイディングボード・サビ
・褐色
・傷が付きやすい
樹脂サイディングボード・変色
・硬くなる
・脆い
モルタル・モルタルの剥離
・紫外線による褐色
ALCボード・クラック
・シーリングの劣化
・紫外線による褐色
・チョーキング
・塗膜の浮き剥がれ
・コケや藻の発生
・爆裂(寒冷地)
・凍害(寒冷地)
コンクリート壁・クラック
・爆裂(寒冷地)
・内部鉄筋の爆裂、破損
トタン張り・白サビ、赤サビなどによる腐食
・風による浮き、退色
羽目板・腐朽
タイル・割れ欠け
・シーリングの劣化
・剥離脱落
レンガ・コケ
・割れ欠け
・剥離脱落
漆喰・汚れ
・クラック

劣化の症状ごとの詳しい内容

症状内容
クラック塗膜の硬化や下地素材が割れて起こる大小のひび割れ
褐色・変色日当たりのよい箇所とそうでない箇所で外壁の色が違う
外壁の浮き、反りチョーキングによって水を吸収したボードが表面から乾いて反る現象
チョーキング外壁を手で触ると白い粉がつく症状。顔料が劣化して粉状になっている。
カビ・コケの発生外壁のカビやコケを放置すると、外壁の劣化や汚れの原因になる。
サビによる腐食放置すると他の箇所も腐食させてしまう。サビの広がりを抑え、穴も開くまえに対処が必要。
塗料の剥がれ塗膜が劣化によって、付着力が低下してしまい、ふくれたように見えてしまう現象。
シーリングの劣化サイディングの場合、目地のシーリングにひび割れや痩せて隙間があいてしまう現象。