• 地元密着の優良店さんの募集

全国対応見積の無料相談ダイヤル(受付中)

01201649170120-164-917

後悔しない外壁塗装!流れごとに8つの項目をチェックしよう

外壁塗装の8つの流れに沿ったチェック項目を確認していくと、初めてでも後悔しない外壁塗装にすることができます。
外壁塗装コンシェルジュ 建物工事のアドバイザー 古賀(こが)

あなたが今お住まいのお家で、これからも安心して過ごすためには、外壁塗装を行なって、定期的なメンテナンスをする必要があります。

しかし、外壁塗装はとても専門性の高い工事で、外壁塗装が初めての場合は、なおさら分からない事だらけで疲れてしまいますよね…。

しかし、外壁塗装は工事金額をだまし取る「悪徳業者」が多く潜む業界なので、あなたには、騙されて後悔してほしくないと思っています。

「家族のためには必要だけど難しい…。」

あなたにとってこのようなイメージのある外壁塗装を、少しでも分かりやすく考えてもらえるよう、流れごとにチェック項目を作ってみました。

塗装業者さんを探す前から、外壁塗装が終わった後まで、あなたに注意してほしいチェック項目を一緒に確認していければと思います。

外壁塗装を検討中の場合も、現在進めている最中の場合も、このチェック項目を役立ててもらえると嬉しいです。

チェックをする前に…。

後悔しない外壁塗装!流れごとに行なってほしい8つのチェック

外壁塗装や屋根塗装を安心して行うためには、チェックしてほしい項目がたくさんありますが、まずは、あなた自身が安心できる基準を考えてみてほしいです。

  • 絶対にウチの地域にある業者さんじゃないとダメ!(○○市内など)
  • 外壁や屋根だけじゃなくて、水回りや内装工事もできるといいな…。
  • 社長さんが直接工事もしてくれるようなところがいい!

…このように、あなたの中で「できればこの方が嬉しいな」「これは譲れない!」という希望を考えて、基準として持っておくのがオススメ。

私からお伝えさせて頂くチェック項目は、あくまで目安として見てもらいたいです。

私が考える「後悔しない外壁塗装」の基準

外壁塗装は、あなたとご家族の大切なお家を守るためのメンテナンスで、大きなお金もかかるため、後悔はしたくないですよね。

後悔しない外壁塗装の基準として、私が考えるのは下記の2点。

  • 工事後、約10年間は塗装をしっかり保つことができる
  • あなた自身が安心・納得できる

外壁の一般的な塗り替え周期は10年前後となっており、工事から数年で剥がれてきたりする場合は、最低限の塗装が出来ていない可能性が高いです。

また、あなた自身が塗装業者さんや工事内容に納得できるかどうかで、工事中だけでなく工事後の生活も変わります。

不安を残したまま外壁塗装を進めてしまわないよう、あなた自身の基準も考えながら、私と一緒にチェック項目を見てもらえると嬉しいです。

外壁塗装のチェック項目を確認してみましょう

チェック1:塗装業者さんを探す前

【1】現在お家に気になる症状があるか
雨漏りの有無、雨樋(あまどい)の破損など、現在気になっている症状がないか確認しておきましょう。
【2】外壁の状況を簡単に確認しておく
ひび割れや剥がれ、カビの有無や、触ると手に白い粉が付かないか(チョーキング現象)など、セルフチェックを簡単にしておきましょう。
詳しくは…
外壁の塗り替えサイン!?初めて塗装をしたい人が見逃しやすい5つの症状
【3】火災保険を利用したいかどうか
雨漏りや雨樋の破損などは、火災保険が適用される場合があるため、あなたが加入している火災保険の契約内容を確認しておきましょう。
詳しくは…
え!?屋根修理で火災保険が使えたの?あなたが何も知らず後悔する前に。
【4】あなたの地域で外壁塗装の助成金・補助金制度があるか
自治体によっては、外壁塗装の助成金・補助金制度が設けられている地域があるため、あなたの地元の自治体のホームページなどを確認してみましょう。
詳しくは…
外壁塗装で助成金が受けられる!その条件と方法を知る
【5】これからどんな暮らしをしていきたいか
10年以内に手放す予定がある、自宅でお店を開業したい、子供の進学も加味しながら…など、今後のライフプランをよく考えておきましょう。
詳しくは…
マイホームは築10年で補修が必要?安心の生活を続けるためには外壁塗装が大事
【6】塗装業者さんに何を求めるか
一番最初の段落「チェックをする前に…。」でもお話しさせて頂きましたが、あなたが外壁塗装を行う上で安心できる基準を、再度考えてみてほしいです。その中でも、外壁塗装を成功させるための鍵は、「あなた」と「塗装業者さん」がほとんどを占めるため、どんな塗装業者さんにお家のメンテナンスをお願いしたいのか、考えてみましょう。
詳しくは…
おすすめの”外壁塗装業者”は一人一人違う!どこに頼めばいいか、選び方を公開しました。

チェック2:外壁塗装業者を探す時

基本項目

【1】口コミで評判の良い塗装業者さんか
あなたの地元で口コミ評価の高い塗装業者さんは、地域密着でリピーターも多い優良業者さんの可能性が高いです。
詳しくは…
あなたの地元で本当に口コミが高い外壁塗装業者を見つける3つの方法
【2】塗装業者が保証や保険に加入しているか
塗装業者さんが誤って、あなたの車を傷付けてしまうといった事故が起きた時に、補償をしてもらえる「損害保険」に加入している業者さんであれば、もしもの時の対応もスムーズです。
詳しくは…
屋根と外壁塗装の損害保険って何ですか?
【3】1社で決め手に欠ける場合は、ほかの塗装業者さんにも話を聞いてみる
塗装業者さん1社から話を聞いてみて、あなたが納得しきれない場合は、ほかの業者さんにも話を聞いてみましょう。大手リフォーム会社さんは工事金額が高くなりやすく、訪問販売の業者さんには悪徳業者も多く潜んでいるため、不安が残る場合は他社と比較をしてから決めてほしいです。
詳しくは…
外壁塗装の相見積もり!比較の仕方を知らなければ失敗する

塗装業者さんの自社ホームページ

【1】施工事例の内容は薄くないか
そもそも施工事例が掲載されているか、あっても写真だけで、お家の詳細やお客様からの感想などが何もない場合、インターネットで見つけた他社の事例写真を掲載しているだけかもしれません。
【2】ブログや施工事例などが、最近更新されているか
ホームページの更新が何年もされていなかったり、ブログが最初の1件だけの場合、ホームページを形だけ用意するために作った可能性もあります。
【3】代表やスタッフの顔写真が掲載されているか
最低でも、会社の代表のお顔が載っていない場合、顔が知れると都合が悪いような、悪徳業者の恐れもあります。
【4】名ばかりの「ナンバー1」になっていないか
「○○市で一番」「○○市実績No.1」など、1番の良さを掲げていても、よく見てみると何が一番なのか分からなかったり、根拠が書かれていないこともあるため、「1番」に惑わされないようにしましょう。

塗装業者さんの自社ホームページについて、詳しくは…
ホームページの見方で優良な外壁塗装の業者か判別できる

チェック3:外壁塗装業者に建物調査をしてもらう時

【1】電話応対や連絡のやり取りがきちんと出来ているか
電話口での態度や、連絡なしで調査に来てしまうなど、やり取りがきちんとできる業者さんかどうか確認しておきましょう。
【2】待ち合わせ時間を守れるか
待ち合わせの時間をしっかり守れるかどうかもチェック。ただし、塗装業者さんは現場仕事で、前の打ち合わせなどが長引く場合もあるため、もし遅れてしまう場合は、連絡や謝罪がきちんとあるか確認しておきましょう。
【3】あいさつなど最低限のマナーが守れているか
乱暴な言葉遣いや、あいさつがしっかりできるかどうかは、実際の工事の品質にも表れてくるものです。
【4】30分以上掛けて調査してくれるか
建物調査が5~10分程度で終わってしまう場合、お家の傷み具合を充分に確認できていなかったり、寸法を細かく測っていない可能性があります。入念に建物調査をしておかなければ、適性な費用が出せず、追加工事の原因にも。
【5】屋根の上まできちんと見てくれるか
屋根の塗装や工事は、屋根の傷み具合を見る必要があるため、ハシゴを掛けて上り、確認してくれることが多いです。業者さんの方針によっては、上らずに撮影ポールやドローンで確認する場合もありますが、屋根の上を全く見てくれない業者さんには注意しましょう。
【6】あなたのお話を親身になって聞いてくれるか
建物調査は、あなたと塗装業者さんが初めて対面する時なので、疑問や不安をぶつけるタイミングの一つでもあります。見積もり提出の前であっても、あなたのお話しをじっくり聞いてくれるか、質問に対してきちんと回答がもらえるかどうか、確認してほしいです。
【7】わかりやすく丁寧に説明してくれるか
外壁塗装は難しい内容なので、専門用語を使わずに、分かりやすく説明してくれるかどうかも大切。丁寧な説明は、あなたの安心にも繋がります。
【8】お隣さんにも配慮しながら調査してくれているか
お隣さんとの幅が狭いと、敷地内に入りながらの調査になることもあるため、あいさつをしたり、配慮しながらお家の状態を調べてくれるかどうかも確認しておきましょう。
【9】調査結果や見積もり提出など、今後の予定や連絡について案内があるか
調査を終えたら、どのくらいで見積もりがもらえるのか、見積書はデータで送ってくれるのか、きちんと説明しに来てくれるのか…など、調査後の対応を確認しておいてほしいです。
【10】他社の見積もり金額を教えない
相見積もりの場合、他社の見積もり金額を教えてしまうと、その会社よりも低い金額で見積もりしてあげようと、業者さんが無理をしてしまう可能性もあります。しかし、本来必要な工事が省かれてしまう場合があるため、その業者さんがゼロから考えてくれた見積もりを作ってもらいましょう。

建物調査について、詳しくは…
みんな知らない?外壁塗装をする前は「入念な現地調査」が必要な話

建物調査の実際の様子は…
屋根・外壁塗装の現地調査ってどうやるの?詳しく解説します

チェック4:外壁塗装の見積もりを出してもらった時

【1】数量や単価まで細かく書かれているか
外壁塗装の一般的な見積書は、「作業内容」「数量」「単位」「単価」「金額」というように分けられている事が多いです。数量や単価まで細かく記載がないと、金額の内訳が不透明で、納得できない見積書となってしまいます。
【2】使う塗料の名前が書かれているか
塗料メーカーや製品名などが書かれているか、記載がない場合は、別途カタログの用意があるかどうかチェックしてほしいです。よく分からない塗料を、大事なお家に塗られてしまうのは怖いですよね。
【3】有効期限が1ヶ月以上あるか
一般的に外壁塗装の見積書には、有効期限が設けられていますが、「この金額は明日まで」「1週間以内のご契約で○○キャンペーンが適用」など、短い期限の場合は悪徳業者の可能性が高いです。
【4】大幅に値下げされていないか
外壁塗装は、優良業者さんでも値下げをしてくれますが、出来ても10万円程が限界で、それ以上は経営が難しくなってしまいます。あまりにも高額な値引きで契約を誘う悪徳業者には、充分に注意してほしいです。
【5】足場代が無料になっていないか
外壁塗装は、職人さんの作業性・安全性のために足場を立てる必要がありますが、約10~20万円は掛かるもので、値引くことは難しい工事です。そのため、「足場代無料キャンペーン」や、「近所で工事をしているので足場を無料にします」といった誘いには要注意。
【6】単価が相場とかけ離れていないか
合計金額も大事ですが、単価に注目してみると、相場との比較がしやすい場合もあります。あまりにも相場とかけ離れている場合は、なぜこの金額になるのか、理由を聞いてみましょう。
【7】塗装面積が0.1㎡単位まで細かく算出されているか
優良業者さんの見積書の数量は、「91.6㎡」というように、0.1単位まで細かく算出してあることがほとんど。「100」「150」というように、ざっくりとした測り方で計算している場合は、不要な部分まで含まれていたり、必要な部分が抜けていて、後から追加工事を請求されてしまう可能性があります。
【8】不要な項目が追加されていないか
塗装業者さんと一緒に見積もり内容を確認しながら、それぞれの項目や作業範囲が、あなたやご家族にとって本当に必要かチェックしましょう。あなたにとっては不要と思っても、専門的な目で見ると工事しておいた方が良い場合もありますが、決め手に欠ける場合は他社さんとも比べてみてほしいです。
【9】工事してほしい(塗装してほしい)範囲がきちんと含まれているか
工事範囲があなたの要望に添っているかを確認しておかなければ、「ここまで塗装してほしかったのに…。」と、工事中や工事後になって後悔する可能性があります。あとから工事してもらっても、契約時の金額に追加工事となって加わるため、あまり気持ちの良い進め方とはいかなくなってしまいますよね。
【10】一式でまとめられた価格になっていないか
「外壁塗装○○プラン 150万円」などの記載だけで、作業ごとの詳細が全く書かれていない見積書では、何にいくら掛かっているのかが不透明なままです。一つ一つの作業に対する単価や数量などを、きちんと書いてもらいましょう。
【11】付帯部も、塗装箇所や数量など細かく記載があるか
お家の外装の中でも、雨樋や雨戸、シャッターボックスといった、外壁・屋根以外の部分を付帯部と言いますが、付帯部はどこまで塗装工事の範囲に含まれているのか、きちんと確認しておきましょう付帯部ごとに、単価や数量も出してもらうのが一般的です。
【12】塗り回数が書かれているか
外壁塗装は、下塗り・中塗り・上塗りという3回塗りの工程がありますが、傷み具合によっては下塗りを2回に増やしたり、塗料の種類によっては3回塗りではなく2回塗りで済む製品もあります。塗料の名前と一緒に、何を何回塗るのかが記載されているか、チェックしておいてほしいです。
【13】調査報告書を作ってくれているか
優良業者さんの多くは、お家を部位ごとに撮った写真と、その部位に起きている劣化や必要な補修などが記載されている、「調査報告書」を、見積書と一緒に提出してくれます。調査報告書がなくとも、あなたに分かるように調査結果を報告してくれるかどうかは、大切なチェックポイントです。
【14】不安をあおってこないか
外壁塗装の悪徳業者は、「すぐに工事しないと危険です!」というように、あなたの不安をあおってくる事が多く、大事なお家が不安な状態の方が、あせって契約しやすいからです。もし、雨漏りなど急を要する状態であっても、優良業者さんであれば、現状はしっかり伝えつつ、あなたをさらに不安にしないように伝えてくれるはず。

外壁塗装の見積もりについて、詳しくは…
選択間違えは負け組に?外壁塗装の正しい見積もりのやり方を公開

チェック5:塗装業者さんと契約する時

【1】あなたやご家族が心から納得できているか
業者選びで一番大事なのは、あなたやご家族が心からお家のメンテナンスをお願いしたいと思えるかどうか。納得していないままの契約は、トラブルの元となってしまいます。
【2】疑問や不安が残ったままになっていないか
どんな小さな事でも、疑問点や不安に思っていることは、契約前にすべて塗装業者さんにぶつけておきましょう。あなたにとってだけでなく、塗装業者さんにとっても、分からない事を残したまま工事をお願いされてしまうと、あなたのことが心配になってしまいます。
【3】きちんと契約書を発行してくれるか
外壁塗装の契約は、必ず書面で交わしましょう。口約束ではなく、形に残しておくことで、後々トラブルになった時にお互いの証拠となります。
【4】クーリング・オフについて契約書類に記載があるか
契約の取り消しが出来る制度「クーリング・オフ」について、契約書に記載されているかを確認しておきましょう。
【5】契約内容にお互いの食い違いがないか
契約書をよく読んで、お互いに認識が食い違っていないかを、その場で確認し合っておきましょう。「これはこういう意味だよね」と自己完結せず、少しでも気になる部分は塗装業者さんへ確認してほしいです。
【6】保証について契約書に記載があるか
自社保証やメーカー保証など、塗装業者さんによって用意している保証が違うため、保証内容について契約書類に書かれているか、チェックしておきましょう。
【7】アフターフォローの内容を確認
アフターフォローの体制も、塗装業者さんによって変わります。毎年無料点検や、DMでの点検お知らせなど、どんなアフターフォローをしてくれるのか確認しておくのがオススメです。
【8】あなたが希望する支払方法に対応しているか
塗装業者さんによって、現金支払いだけの対応や、クレジットカードやローン支払いまで対応している会社などがバラバラです。あなたの希望する支払方法で工事費用を支払えるかどうかも、しっかり確認しておきましょう。
【9】工事前に全額支払う形を取られていないか
多くの優良業者さんは、「工事後に全額支払い」や、工事前・中間で先に何割かを支払ってもらう、といった形式を取ることが多いです。しかし、工事が終わる前に全額支払う形の場合は、工事費用だけ持って逃げられてしまう可能性もあるため、理由を聞いてみましょう。
【10】工事の工程表を用意してくれるか
工程表をもらえるタイミングは、契約前や契約を交わす時、工事の直前など、塗装業者さんによって変わりますが、工事前には必ず用意してもらうようにしましょう。事前に大体のスケジュールが分かることで、あなたの予定も立てやすくなり、気持ちの準備もすることができます。
【11】契約が決まってから塗装業者の態度が急変していないか
悪徳業者の場合、契約を交わすまでは気さくだった人が、契約を交わした後に横柄な態度へと豹変することもあります。塗装業者さんの「人」の部分を、契約後もしっかりチェックしておいてほしいです。
【12】親身に色選びを手伝ってくれるか
外壁塗装は色選びがとても大切ですが、悪徳業者の場合はお金にしか興味がないため、あなたの色選びにも関心がありません。優良業者さんは、あなたの思い通りの色を選んであげられるように、様々な手を尽くしてくれるはずです。
詳しくは…
屋根・外壁塗装の色選びの基礎!5つのポイントで分かりやすく説明

外壁塗装の契約について、詳しくは…
トラブルを防ぐ?外壁塗装の契約で注意すべき6つのこと

チェック6:外壁塗装をしてもらう前

【1】ご近所さんへのあいさつ回りはどのように行うのか
外壁塗装は、足場を建てる騒音や塗料のニオイなど、ご近所さんへも影響が出る工事なので、事前の挨拶は必須。あいさつ回りはいつ行なってくれるのか、前日や当日も行うのか、留守のお家には書面などを投函するのかなど、あいさつ回りの方法を確認しておきましょう。
詳しくは…
口論・裁判勃発!?外壁塗装の「ご近所トラブル防止の心構え」
【2】工事期間中、あなたが留守の場合はどのように作業報告してくれるのか
外壁塗装は2週間前後かかるのが一般的で、朝から夕方に作業が行われますが、常に付きっ切りは難しいと思うので、あなたが留守の時にどんな方法で報告してくれるのか、事前に確認しておきましょう。電話やメール、メッセージアプリ、交換日記など、塗装業者さんによって方法は様々です。
【3】洗濯物を干せない期間・換気ができない期間を確認
初めの高圧洗浄や、塗装作業を行う時は、外に洗濯物を干すことが出来なかったり、換気ができない日もあります。工程表をもらう時、どの日にどんな注意をしておく必要があるのか、説明をしてもらってほしいです。
【4】車がある場合、移動させておく必要があるか
お家の駐車スペースに車がとまっている場合は、工事期間中とめたままで大丈夫なのか、事前に確認を取っておきましょう。
【5】お家の周りをどこまで片付けておく必要があるのか
植木鉢など、お家の周りに置いてある物は片づけておく必要があるのか、その場合はどこまで片づけた方が良いのか、塗装業者さんに聞いておくのがオススメです。

工事前に確認しておきたい塗装中の過ごし方ついて、詳しくは…
塗装工事中の生活はどうすれば?不安を安心に変える情報

チェック7:外壁塗装をしてもらっている最中

【1】毎朝、その日の作業予定を伝えてから工事を始めてくれるか
あなたがお家にいる場合は、その日の作業スケジュールを教えてもらってから、工事に取り掛かってもらいましょう。「今日はペンキを使うので、窓は閉めておいた方がいいです」というように、作業内容がわかると、あなたも工事に協力しやすくなります。
【2】一日の終わりに、その日おこなった作業内容を報告してくれるか
作業が終わる頃に、あなたがお家にいる場合は、その日に工事した部分を塗装業者さんと一緒に見ながら、どんな作業をしてくれたのか、報告してもらいましょう。
【3】あなたが留守の場合も、分かりやすい報告をしてくれるか
あなたがお出かけしている場合も、メールやメッセージアプリなど、別の方法で報告をもらうようにしてほしいです。作業状況を写真に撮って送ってもらうと、内容や進捗を把握しやすくなります。
【4】悪天候でも無理に工事を進めようとしていないか
明らかな悪天候にも関わらず、無理やり工事を進めようとすると、塗装がすぐに剥がれてしまう原因となります。きちんと天気を見ながら、適正な環境で外壁塗装を行なってくれているか、チェックしておきましょう。
【5】見積もり内容の通りに塗装が行われているか
塗り回数や、補修の内容などが、見積もりの通りに進められているか、作業報告の内容を確認しながら照らし合わせてみましょう。作業が不正に省かれてしまうのを防ぐためにも、毎日きちんと作業報告をもらうことが大切です。
【6】工事の経過で不自然なところがないか
工事期間中、不安な部分や不自然なところがあれば、すぐに塗装業者さんへ確認しましょう。受け答えが曖昧で疑問を感じた場合は、別の塗装業者さんへ相談してみてほしいです。
実際に、不自然な工事を他社さんへ相談したお客様の事例は…
悪徳業者による手抜き工事の事例を公開。安心できる外壁塗装のためには?

チェック8:外壁塗装が終わった後

【1】保証書を発行してくれるか
外壁塗装の保証書は、工事完了後に発行してくれることが多いので、契約通りの内容で作られた保証書をきちんと受け取りましょう。
【2】アフターフォローの内容を再確認
工事が完了して終わりではなく、アフターフォローの体制を、もう一度確認しておいてほしいです。

このページを見てくれたあなたへ。

ここまで私と一緒に見ていただき、ありがとうございます。

外壁塗装で後悔しないための8つのチェックを確認してきましたが、あなたの抱える悩みや不安が少しでも解決に向かえば嬉しいです。

これからも家族と安心して暮らしていくためにも、後悔のない外壁塗装にしたいですよね…。
私たちは、どんな小さなことからでもご相談を無料で受け付けているので、お気軽に以下の外壁塗装に関するご相談フォーム・お電話にてご連絡くださいね。

外壁塗装でお悩み中のあなたへ

お家の外壁塗装が初めての場合、どんな施工が適正なのか分からず、不安でいっぱいになりますよね。

大切なお家に不適切な施工をされてしまっては、お金も時間も無駄になってしまうだけでなく、家族みんなが不安な暮らしとなり、大きな後悔になってしまいます…。

私たち外壁塗装コンシェルジュは、建物のことで不安・悩みを抱えている方のご相談・アドバイスから、もしご希望を頂いた場合は地元密着の優良業者さんのご紹介も行っております。

ご相談もご紹介も無料なので、累計1万人以上(2019年11月25日時点)の方々からご連絡を頂いているため、もしお悩み・ご不安が1つでもあれば、お気軽にご相談頂けると嬉しいです。

不安やストレス無く、今後も安心してあなたと大切なご家族の暮らしが守れるよう、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

コンシェルジュ

ご利用無料 / どんなに小さな事でも相談可能 / 365日受付中